Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS これぞゴスペル!!TPWコンサートin東京

<<   作成日時 : 2011/05/03 17:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 4月29日はとても濃厚な恵みの1日となりました。
 まずは日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団 関東北東教区の聖会が駒込の神学校で行われたので、午前中はそこへ。
 
画像


 大津キリスト教会の野口一郎師を講師に迎え、コリント人への第1の手紙9:19〜23をテキストに「なんとかして幾人かを救う」ためにどうするべきかが語られました。
 パウロは人々の魂を救うために、その人と同じ立場・目線になって福音を伝えました。
 これ、自分に一番出来ていない弱いところだなぁ・・・と心を刺されましたね・・・。
 クリスチャンである自分の物の見方や考え方を押し付ける一方で、相手のバックボーンや置かれている今の状況を軽視してしまっていることを最近示されたばかりだったので(-_-;)
 しかし私達クリスチャンが福音を伝えるために召されていること、ひとりひとりが僕となって幾人かずつでもキリストの元に連れて行くことが献身であると語られ、大いに力づけられました。

 普段教会では、聖書の啓示真理について非常に深いメッセージで養われている反面、このような実践的なメッセージを伺う機会は少ないので、聖会というのはそういう意味で励ましになります。
 また異言でガンガン祈れるのも霊的にとても引き上げられます

 朝から御言葉と聖霊によってパワーアップし、すぐにその足で江古田の聖書キリスト教会へ。
 これからいよいよTPWのコンサートで、ICGCもエコゴス、シャローム&シーラブ、ワークショップクワイアと共に出演させていただくことになっていました。また私は奉仕者として運営に携わっていました。

 TPWの来日メンバーは震災と原発事故の影響も有って昨年の約20名に比べると6名。しかしアンドレ牧師の日本に対する救霊のスピリットは揺るがず、24回目の来日となりました。
 彼の一言一言からも被災して傷ついている日本人への思いがほとばしっていて、今回のツアーは特別なものになる予感がしました。
 ICGCにもTPW初体験組がたくさんいましたし、私が部長をしている我が社のゴスペルクラブのメンバーも3名混ぜてもらうという画期的な日。
 ただ神をあがめ、神を賛美し、神を礼拝することに一切の妥協を許さないTPWを体験してもらうことは、まさに午前中の聖会で語られた「なんとかして幾人かを救う」ことに通じると思いました。

 コンサートはゴスペルマイムでスタートし、この教会がホームのエコゴスの賛美

画像


 そしてICGCの出番でした。
 今回私はクワイヤーには参加せず記録係に徹すことにしました。

画像


 賛美曲はSouled Out.



 見てください、この喜びに満ちたみんなの賛美を
 ベテランも入ったばっかりの人も、会社のゴスペルクラブメンバーもゴスペルによって爆発的な喜びを共有しているこの姿
 そして Make Us One. 



 この曲は日本中のゴスペルクワイヤーで歌い続けられているスタンダードな曲ですが、大震災後にディレクターの美和ちゃんの祈りの中に示され、今だから改めて賛美するべきだと急遽Amazing Grace から変更されたという経緯があります。
 そしてリードシンガーに夫君である塩谷達也を立てて。
 
 私は動画を撮りながら涙が流れるのを抑えることが出来ませんでした。
 達っつあんの魂の賛美に応えるかのようなクワイヤーの一致。そして引き上げられる賛美の魂。Make Us One は何十回も自ら賛美し、また聞いてきた曲ですが、世界一のMake Us One だったと思うのです。
 もちろん賛美に順位をつけるものではありませんが、それほど素晴らしい賛美でした
 後でTPWのメンバーがキーボードの義宣社長に

「本当に日本人のクワイヤーなの 

 そう驚きながら声をかけてくれたと言いますから、あながち手前味噌じゃないと思うんです。

 さてその後は前日のダンスワークショップ参加者によるプレイズダンス

画像


 演歌フレンズ 原美由紀 による賛美

画像


 シャローム・シーズGC

画像


 ワークショップクワイア

画像


 どのクワイヤーもみんな熱くて、まったくパフォーマンス性を感じず、聖霊の豊かな流れの中にすっぽり入れられて本当に素晴らしかった

 そしてトリは当然TPWによる賛美です。
 
 
画像

画像


 賛美は言うまでもなく全身全霊、途中でPraise Break も巻き起こり、アンドレ牧師による義援金の呼びかけもありました。
 そしてJESUSを信じる招きがあり、5名の方が応答したと後でアンドレ牧師がFace Book に書いていました。
 もちろん応答はしなくても、来られたひとりひとりに必ず神が語ってくださっているはずです。事実、過去のTPWのワークショップやコンサートがきっかけになってJESUSを信じた人がたくさんいるんですから。

 最後にはアンドレ牧師が各クワイヤーのディレクターをステージに呼んで、会場と共に I Need You to Survive を合唱。
 今の日本に一番必要なメッセージ。

画像


 終わってから私はメンバーのもとに駆けつけ、ねぎらいの声をかけ祈ってから解散しましたが、みんなの顔がキラキラ輝いていました
 理屈ではなくからだと心で感じる大きな力。それをみんなが受け取ってくれたんだと思います。

 ゴスペルには神からの大きな力が働くことはいつも感じることですが、今回は特別に強くそう思わされましたね。

 TPWのツアーはGW中、中部地方⇒神戸⇒広島と続いています。
 該当する地区の方がおられましたらぜひご参加下さい。あなたの人生を変える素晴らしい体験が出来ることでしょう

 詳細は こちら

応援クリックお願いしますにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
これぞゴスペル!!TPWコンサートin東京 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる