Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴスペルには力と解放がある

<<   作成日時 : 2010/01/15 13:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 2

  去年のクリスマスの夜に、確か小田和正氏を中心に日本のミュージックシーンを代表するシンガーたちがいっぱい集って合唱しているところをテレビでちょっとだけ見ました。
 それぞれの代表曲をとっかえひっかえつなげて、リードシンガーが交代しながら歌い、あとのシンガーはバックコーラスをするって言う感じ。
 私は後半の10分くらいしか見てませんが、全部で20分くらいあったらしいですね。

 終わると感極まった小田氏やシンガーたちがアップになり、会場からも拍手が鳴り止みませんでした。

 見た目はゴスペルの合同マスクワイヤーのように見えなくもなく、それを見ながら私はなんだか違和感を覚えてしまってね

 日本を代表するシンガーたちが一同に会して、共同作業で1曲作り上げた達成感はわかる。でも、当たり前なんだけど、前の曲と次の曲と歌詞の脈略が全然ないからメッセージは伝わりませんし、そもそもみんな自己達成のための歌だから「だからどうしたの?」なんて思ってしまうのです。

「音楽とは、音を楽しむものだから、別にそれはそれでいいんじゃない?」

 ミニストリーをする仲間に話したら、こう一蹴されましたけど

「歌ったらすっきりするし、楽しいけど、『あー楽しかった!気持ちよかった!』で終わりじゃん。」ブツブツ・・・

 そういう私もかつてはセキュラーな音楽が大好きでしたよ。
 J−POPだと浜省とか山下達郎とか、洋楽だとTOTOとかJ.D.サウザーとかフォリナーとかイーグルスとか・・・

 でもね、生のゴスペルを初めて聞いたその時から私の音楽観は一変しちゃったわけですよ

 なんだこりゃ

 本当に衝撃が全身を貫きました。
 それはMegさん(粟野めぐみさん)がやっていたTVOPCome on Everybodyっていう曲でした。
 40人くらいで全身を使って満面の笑顔で自由に歌い踊る。それはただ楽しいんじゃなくて、神への感謝と賛美がそのルーツにあっての喜びであることに驚いたのです。
 私はもうとっくにクリスチャンで、聖歌・賛美歌・ワーシップソングなどたくさん賛美していましたが、こんなに解放されて晴れやかに喜ばしく賛美したことも、賛美している人を見たこともありませんでした。
 その直後には全米でも権威のあるゴスペルカンファレンス、オークランドにあるラブセンターチャーチのMusic&Artsに行かせていただくこととなり、本場のゴスペルはもっとレベルが高く、その賛美のベースも深いことを体験。

 それ以来、J−POPはまったく聞けなくなってしまいました。

 自分を造って下さり、愛して下さり、恵みを与えてくださる方に賛美を捧げる。 
 その行為は人間の最も自然な行為だし、その行為によって神が喜ばれ、賛美を捧げた者の心にこの世の楽しみでは決して充足させることのできない神の恵みを注ぎ込んでくださる。

 これを知ってしまったら、セキュラーミュージックを聞いたり歌ったりしたぐらいじゃかえって欲求不満になり、空しくなっちゃうんですよ・・・
 かつては添乗してましたから、お客さんとカラオケ歌って盛り上げたり平気でしてましたけど、今は付き合いでカラオケに行かなきゃいけなくても、私はどうしても歌う気になれず苦痛でしかありません。もちろん場はわきまえて楽しんでいる皆さんをしらけさすようなことはしませんけどね。

 かつての私が衝撃を受けたように、今でも池ゴスICGCを通して神は本当の喜びと解放を集る方々に与え続けて下さいます。

画像


 特に去年から池袋のゴスペルミニストリーに導かれて来る人たちの表情や感想を見聞きすると、痛んだ心や空しい心を神の恵みの雨で満たしていただく過程に置かれているな、と感じます。


この地上には、永遠の都はない。きたらんとする都こそ、わたしたちの求めているものである。
だから、わたしたちはイエスによって、さんびのいけにえ、すなわち、彼の御名をたたえるくちびるのみを、たえず神にささげようではないか。

(ヘブル人への手紙13:14〜15)

わたしは常に主をほめまつる。そのさんびはわたしの口に絶えない。わが魂は主によって誇る。苦しむ者はこれを聞いて喜ぶであろう。わたしと共に主をあがめよ、われらは共にみ名をほめたたえよう。
(詩篇34:1〜3)

あなたはわたしのために、嘆きを踊りにかえ、荒布を解き、喜びをわたしの帯とされました。これはわたしの魂があなたをほめたたえて、口をつぐむことのないためです。わが神、主よ、わたしはとこしえにあなたに感謝します。
(詩篇30:11〜12)

 ゴスペルには力と解放があります



1日1クリックよろしくお願いします →にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
我が家も、ゴスペルを知ってからは、一切他の音楽を聞かなくなりました。否定しているわけではないけど、心に響かなくて
家の中も車の中もipodも、ぜ〜んぶゴスペルになっちゃいました…不思議です。
yayo
2010/01/17 17:58
>yayoさん
同じですねぇ。
たまに「上手いな」とか「心地いいな」とか感じる時はあるんですけど、心が揺さぶられることは皆無になってしまいました。
それはマーケットに広まっている音楽が悪いわけじゃなくて、ゴスペルがすごすぎるんですよね
たま
2010/01/17 21:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゴスペルには力と解放がある Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる