Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 祝福MAXその2 MAJ2008リレーフェローシップコンサート

<<   作成日時 : 2008/08/21 14:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 ユースゴスペルデー・藤波くんのゴスペルワークショップを中座させていただいて、雷雨の中ICGCメンバーは阿佐ヶ谷の久遠キリスト教会へ移動しました。それは、9/23(祝)に行われる大イベント・Music&Arts Japan2008(MAJ2008)ゴスペルコンサートに向けて行われるリレーフェローシップ第1弾に出演するためです。

画像

 このリレーフェローシップの趣旨と実施の経緯については私のもう一つのブログである「池ゴスへようこそ♪」の方も合わせてお読みいただければと思いますが、ゴス友・Miyukingがわかりやすい説明をしてくれているので引用します。
 
以前(2001年から始まりましたが、前回2006年は)日本各地のゴスペルクワイヤが一堂に会して地域毎に合同でマスクワイヤを5つ作って「Japan Gospel Choirs Fellowship (JGCF)」というコンサートを行いました。(Tokyo, South West, East, North West, Joy)
ですので、全5回、リレー方式で行われます。(参加費=どの会場も一律500円)
その時のクワイヤがまた再会し、交流を更に深めるものです。(だから「リレーフェローシップ」なんです)

そして9/23のコンサートがどのようなものなのかをDVDで数分紹介します。
(このイベントのリーダー、粟野めぐみさん…メグさんからの説明もあります)

 加えて、クワイヤの方々は、ただのクワイヤの内輪の集まりとはせずに、周りのまだゴスペルを知らない方々、教会外で活動しているゴスペルクワイヤの方々を是非連れて来て頂き、「ゴスペルを体験」して頂きたいです。
「リレーフェローシップ」をそのような事に役立てて行きたいです。

 参加費もどこも『一律\500』と安いし、5箇所どこにでも何度でも参加できます。
(以前Tokyoだったから他の場所には行けない、というのではなく、どこにでも何度でもご参加頂けます。初めての方々も同様に、何度でも、どこにでも「リレーフェローシップ」にご参加頂けます。)

 この「リレーフェローシップ」にご来場頂いて、ワンクッション置いて、「9/23はもっと大きなフェローシップコンサートなんだ!」と、ゴスペルコンサートを最大限楽しもう、というような所に持って行けたらと思っております。

 という訳で久遠キリスト教会にギリギリで到着。教会の中は出演するクワイヤーメンバーと一般のお客さんでびっちり満席でした。わが友・三浦牧師によると「300名以上入ってたんじゃないかなぁ。2かいの床が抜けるんじゃないかと冷や冷やしたよ」。
 当日のプログラムと参加クワイヤーは以下の通りです。
Great Joy Gospel Choir
Kuon Nu Praise Gospel Choir
Tokyo Voices Of Praise
   以上3クワイヤー合同
 ディレクター・坂上悦子
画像

賛美曲:1 新しいちから 2 期待 奏楽: ピアノ 原美由紀

東京ハートフルゴスペルクワイヤー
Boat Bridge Gospel Workers
 以上2クワイヤー合同
 ディレクター・小林美千穂

画像

賛美曲:3 喜び叫べ 4 Amazing Grace 奏楽 ピアノ 小林義宣 ドラム 小川紫樹

Light of Hope Gospel Choir
 ディレクター・山根圭織

画像

賛美曲:5 A More Excellent Praise 奏楽 青木智世

ETERNAL BLESS CHOIR
 ディレクター・鬼無宣寿

画像

賛美曲:6 The Blessing of Abraham 7 This Is Your House CD と ピアノ 鬼無宣寿

Workshop Time 

画像


賛美曲:8 Oh Happy Day 
Solo 立山守生 山根圭織 Director 鬼無宣寿 (舞台に新ディレクターズ)

Sop.かAlto 小林美千穂 坂上悦子 Ten. ギルバート

Band ピアノ 青木智世 オルガン 小林義宣 ギター 大舘晴明 ベース 原澤匠 ドラム 小川紫樹

賛美曲:9 Total Praise 
Director ギルバートエスピネリ

Sop.かAlto  山根圭織 坂上悦子 小林美千穂 Ten. 鬼無宣寿 立山守生 (舞台に新ディレクターズ)

Band ピアノ 安念惠 オルガン 原美由紀 ギター 大舘晴明 ベース 原澤匠 ドラム 小川紫樹

☆メッセージ 波多康師

画像


All 4 One
Jesus Soul Choir
武蔵野ゴスペルクワイヤー
池袋センターゴスペルクワイヤー
 以上4クワイヤー合同
 ディレクター・立山守生

画像

賛美曲:10 When I Think About The Lord 11 きみは愛されるため生まれた
奏楽 ピアノ 小林義宣 ドラム 小川紫樹

New Commitment Family
 ディレクター ギルバート・エスピネリ

画像

賛美曲:12 Psalm 150 13 Send Your Latter Rain
NCF Band  ピアノ  青木智世 ギター 大舘晴明 ベース 原澤匠 ドラム 浅井亮介

☆Tokyo Mass Choir

画像


賛美曲:14 Worship The Lord  Director ギルバートエスピネリ
     15 あなたを賛美します  Director 坂上悦子 Solo 鬼無宣寿
NCF Band  ピアノ 青木智世 ギター 大舘晴明 ベース 原澤匠 ドラム浅井亮介

画像
 
 これだけの参加者、賛美曲、メッセージetc. 聖霊に満ち溢れた最高にHappyな時間でした
 特に最後の2曲は全参加者(お客さん含む)がTokyo Mass Choirとして賛美 教会の壁が崩れ落ちてしまうんじゃないかと心配してしまうくらいの大讃美
 賛美の上に臨在される主なる神様を参加者一人ひとりが実体験したでしょうし、波多先生も相変わらずの大阪弁トークで爆笑を誘いながら心に迫るメッセージをしてくださいました。
 
ゴスペルを歌うと楽しいし、スッキリするし、ストレスが解消するでしょう。
でもホンマの楽しみはその歌詞の中にあるんです。歌う時に、これはどんなこと言ってるんやろ?このおっちゃん何でこの歌詞を書いたんやろ?考えてみてください。
 Total Praise を作ったリチャード・スモールウッドは聖書の詩篇121篇を読んで「こりゃホンマやで」って思ったんです。
 3節に「あなたを守る者はまどろむことがない」ってあります。私たちが神様に助けを求めた時に「あっ ごめん。あんたが祈ってた時寝てたから気づかへんかったわ」なんて言わんのです。
 神様は24時間営業、年中無休なんですわ。ちょっとの居眠りもしないで、私たちを守り助けてくださる方が神様なんです。
 あなたもゴスペルに歌われているこの方を個人的に知ってください。そしたら「ストレス解消」の何千倍もの喜びがあなたのものになります

 私が何十分語るよりも、この素晴らしさをメンバーが体験してくれたことは何にも変え難いことです。主の御名を賛美いたします


もっともっと素晴らしさをブログで体験!!
にほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
祝福MAXその2 MAJ2008リレーフェローシップコンサート Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる