Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS お晩でございます

<<   作成日時 : 2005/12/16 19:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 珍しい12月の大寒波。北日本は大雪が降りましたね。そんな中、昨日急遽山形県の鶴岡へ出張になりました。何をしに行ったかというと、私が副事務局長をしているサービス連合東日本地連に加盟の「庄交トラベル労働組合」の定期大会に出席するためです。
 事務局長と一緒に、上越新幹線・特急いなほ号と乗り継ぎ日本海沿いの城下町鶴岡へ。そして雪が降り積もる駅前から庄内交通の路線バスで湯野浜温泉へ。温泉旅館が定期大会の会場なんですが、遠かった〜!昼過ぎに池袋を出て、旅館に着いたのが19時。
画像
            (旅館から見た日本海の荒波!)
 参加者は仕事を終えて三々五々会場に集まってきますが、24名の組合員に対し最終的には20名の参加!素晴らしい参加率です。
 まずは委員長の挨拶。
「お晩でございます。」
 おお、そうか。ここは山形・庄内地方。方言の挨拶から始まるとは癒されるな〜と感じつつ、来賓の挨拶でマイクが回ってきました。
 来賓って柄じゃないんですけど、立場上仕方ありません。
「皆さん。お晩でございます。」
 私も庄内弁で挨拶してみました。そうしたら参加者の皆さんの顔に微笑が・・・。堅かった会場の雰囲気が一変しました。もちろん、それ以上の庄内弁は知らないんですけど、素晴らしい方言パワー!
 大会終了後は宴会場で懇親会。郷土料理・寒鱈汁に舌鼓を打ちつつ、組合員の皆さんと交流しました。
 庄内地方の人口は32万。そんな中で首都圏の営業マンと同じような予算を抱えながら頑張っている話。カウンターにやってくるお客様の対応の合間に、営業マンが発券を強引に頼んできて収拾がつかなくなることへの不満。働きやすいように社員のやる気を引き出す工夫や対話を持たずに、数字だけを求める上司への愚痴。出産・育児に対する会社の制度がどうなってるのかわからないという不安。etc...
 首都圏で聞くのと同じような皆さんの声でした。彼らには失礼かもしれませんが、東北のマイナーな地区であっても、同じ旅行業の仲間として懸命に働いている組合員がいる、ということを目の当たりにしてすごく励まされたし、微力ではあるけれども上部団体で役職を担う者として、彼らの為に出来る事を具体的に実行していきたい!と強く決意しました。
 組織全体から見れば、本当に小規模な組織です。最大組織のJTBは東日本管内だけでも3600人もいるんですから。でもひとりひとりがかけがえの無い大事な仲間。そんな庄交の皆さんに会えて幸せでした。Meg&Kojiの「大切な人」を歌いたくなりましたよ!
 熱く楽しい語らいはいつの間にか夜中の2時まで続き、温泉に入れたのは2時半を回っていました。ちょっとしょっぱい温泉は身体が芯から温まり心地よかった!
 
 頑張れ!庄交トラベル!!
画像
               (究極のローカルバス!)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いいねぇ〜、
秋田でも言うよ。
今度たまちゃんと会う時は
挨拶は「お晩でございます」で決まりだね。
それにしても今年の雪は半端じゃないよ。
kucchan
2005/12/17 09:02
Kucchan
そうか。秋田でも使うんだ。ひょっとして東北のもっと広い地域で使うのかも知れないな。
たま
2005/12/17 11:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
お晩でございます Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる