アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「賛美」のブログ記事

みんなの「賛美」ブログ

タイトル 日 時
You are good
You are good  私の在学する神学校には、全寮制の本科と在宅の通信科があります。私は諸般の事情から通信科に入学し、現在4年目の学びをしています。  そして本科には私よりも1年後に入学した同じ教会から献身したM神学生がいます。  彼が今日誕生日だというので、本科の他の神学生から10日くらい前に、 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/11/16 00:13
Mighty Jesus 〜ゴスペル体験から
Mighty Jesus 〜ゴスペル体験から  芸能界を目指す人のための某専門学校のアメリカ研修旅行。先生の一人がゴスペルを通じた知人で、彼が ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2014/09/15 12:32
祝 開店!!「ただ主の、み旨だけが堅く立つ」
祝 開店!!「ただ主の、み旨だけが堅く立つ」  8月8日に東武東上線大山駅東口商店街にオープンしたMusee de Hanna.  無農薬・減農薬・オーガニックフラワー・アロマ・エステのお店です。  私のようなオジサンには無縁に思えるようなジャンルですが、オーナーは教会の姉妹であり、ICGCメンバーなのです。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

2014/08/10 22:16
ICGCのクリスマス 神を礼拝する時、賛美は必ず引き上げられる
ICGCのクリスマス 神を礼拝する時、賛美は必ず引き上げられる  わたしの個人的な理想を言えば、賛美する時は常に礼拝でありたい。そう願っています。  ICGCの毎週火曜日のリハでもそうでありたい、というのがわたしの心の叫びでもあるのですが、リハは曲を覚えていく機会でもあるし、神にいい加減な賛美をささげることはかえって失礼ですから音楽的にも質の高いものを目指す必要があります。  それに、ゴスペルミュージックに惹かれて教会の門をくぐってくるクリスチャンではない方々のゲートウェイになっている貴重な場なので、「一心不乱にただ礼拝」というわけにもいきません。  ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/12/23 22:38
岡山の朝 西川緑道公園での礼拝
岡山の朝 西川緑道公園での礼拝  9月22日、私たちはリバーサイドチャーチ岡山教会でのコンサートを終え、夜の10:30過ぎに岡山駅近くの東横イン岡山駅西口にようやくチェックイン。  ICGCのみんなは旅とコンサートの疲れで早々に休んだと思うのですが、私の内側から、翌朝どうしてもみんなで礼拝をささげてからスタートさせたいという迫りが湧き上がってきました。  体は疲れていたのですが、広島へ移動する高速バスの乗り場の確認も兼ねて、ホテルの周辺を歩いてみることにしました。なぜならビジネスホテルの館内にはみんなが集まって賛美したり祈... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/30 00:23
ICGC 岡山&広島コンサートツアーへ
ICGC 岡山&広島コンサートツアーへ  中央福音教会のゴスペルクワイア、ICGCが、今月久々にコンサートツアーに出かけます。  過去には、秋田、大分、福岡×2回の国内ツアーを実施。毎回色々な導きとつながりで実現し、どの回も測り知れない大きな恵みを頂いてきました。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2013/09/05 22:32
イースター・ファミリーコンサート
イースター・ファミリーコンサート  長年一緒にミニストリーをさせてもらっている兄弟から聞いた話です。  彼はクリスチャンホームで生まれ育ったのにもかかわらず放蕩に身を持ち崩し、ある日ほとほと疲れ果て、そんな自分が嫌になってふらりとある教会の中に入っていったそうです。  その教会では伝道集会をやっていたらしく、ちょうど生ギターを抱えた若者がオリジナルの賛美を歌っていました。  ところがそのギターのチューニングが合ってなくて、歌もお世辞にも上手いとは言えなかったらしいのです。  しかし懸命に神を賛美するその純粋な姿と歌声が、... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

2013/04/02 18:09
偉大なるぶっ込み系計画
偉大なるぶっ込み系計画  小学5年生で初めて教会に行きはじめ、その時の日曜学校の先生がギターを弾きながら「ゴスペルフォーク」なるものを歌っていました。  時は1974年〜75年で世は新御三家や、中3トリオやらが全盛の時代。そして、かぐや姫だとかグレープとかテレビには決して出演しないフォーク歌手のレコードが売れまくっていたんですね(古っ  そんな時に教会にも新しい風が吹いて、讃美歌・聖歌一辺倒から「ゴスペルフォーク」が作られるようになったようです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2013/02/16 21:12
神への賛美について考えてみた
神への賛美について考えてみた かの時には明けの星は相共に歌い、 神の子たちはみな喜び呼ばわった。 (ヨブ記38:7)  ICGC10周年を迎える今、その歩みを振り返る機会を得ています。  その中で思わされることは色々あるのですが、そのひとつは、人間には歌いたいという本能が神によって植えられているのだ、ということ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 8

2013/01/26 02:44

トップへ | みんなの「賛美」ブログ

Tama’s ゴスペラー日記 賛美のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる