Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 時が止まったレストラン

<<   作成日時 : 2014/03/02 00:22   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日何となく子供の頃のことを思い出していた時に、
「そういえば当時住んでいた家のすぐそばに美味しい洋食屋があったな〜」
とふと脳裏をよぎりました。

 3歳くらいから(このあたりの記憶は定かではありません・・・)高1の途中まで豊島区北大塚に住んでいまして、幼稚園の頃からその店に時々母親に連れて行ってもらったり、出前を取ったりしていて、生まれて初めてスパゲティーのミートソースというものを食べたのがその店でした
 それは今のイタリアンと呼ばれるようなレストランで食す、いわゆる「パスタ」なんておしゃれなものじゃなく、あくまでも「スパゲティー」なのですよ。
 それでもそんな垢抜けたメニューを当時の私は知る由もなく、あまりの美味しさに母親が時々

「今日は出前でもとる?」

 と言うと、

「ミートソース

 そうおねだりして必ず注文し、当時の定番メニューになったものです。
 そんなことをぼーっと考えて、何ていう店だったかなぁ と記憶をたどってみると、不意に

「あかね

 という店名が甦って来たのです。

 私が幼稚園の頃ですから、もう40年以上前。もう絶対にあるわけがないだろう、と思いつつググってみると、ま、ま、まさか・・・

画像


 何と検索のトップに食べログの紹介ページが出てきました (こちら)
 開いてみると、子供の頃の記憶のままの光景がそこに広がっていました。私は半信半疑でしたね。でもお客さんのレビューも結構載っていますし、美味しそうな料理の写真も満載。
 これは行ってみるしかないでしょ。と今日行ってみました。

画像


 うわぁ ホントにあの頃のままだ

 周囲には今風なこじゃれた店が並ぶ中、ここは完全に時が止まっておりました。「洋食 あかね」の看板も記憶のままですww

 まず一見さんなら絶対に入らないであろう朽ち果てそうな扉を開けて店内に入ると、またまた昭和40年代そのままに全く改装をしていない黄ばんだ壁、造花の装飾、座ると陥没したままのクッション、そしてコック帽をかぶったご主人にエプロン姿の奥さん。
 この景色はタイムスリップそのものです。

画像


 こちらは身分?を明かさずに、メニューを確認すると、ありました ミートソースが。しかも「めん類の部」にありました

画像


 さらに驚くことには一品ごとにキャッチコピーが付いていて、ミートソースには

恋は此の味

 ですよ いやー、他のメニューのコピーも含めて突っ込みどころ満載ですが、確かに子供の私は此の味に恋をしましたよ はい。

 満を持してオーダーし、運ばれてきたのは今時なかなか見ることの出来ない銀色の皿に盛りつけられた、かつての恋人でした〜

画像

 
 見た目はほぼ記憶通り。涙目になりつつ夢中で一口。
 確かにあの味。子供の頃大好きだったあの味。

 帰り際、たまらずにカミングアウトしました。

「ずっと昔の子供の頃に近所に住んでいまして、今でもやっていると知って懐かしくて・・・」

 と私。

「あ〜そうなんですか。どちらだったかしら?って伺おうと思ってた所だったんですよ。」

 と奥さん。

「そうかぁ。もうここで45年になるんですよ。辞めるとボケちゃうからね(笑)
で、おたく、ちょうどウチの息子ぐらいの感じだもんね。どの辺に住んでたの?」

 とオヤジさん。
 
 そんな感じで会計を済ませながら会話を弾ませ、来てよかったなと思いました。
 こうして実際に頑固に時代に一切迎合せずに自分の味と店を守ってやり続けている店があるとすごく嬉しいものですね。しかし、
「人はみな草のごとく、
その栄華はみな草の花に似ている。
草は枯れ、花は散る。
しかし、主の言葉は、とこしえに残る」。

これが、あなたがたに宣べ伝えられた御言葉である。

(ペテロの第1の手紙1:24〜25)

 この聖書の言葉にあるように、この世にあるものはすべて、もちろん、どんなに美味しいレストランでもいつかは必ずなくなってしまいます。このお店は幸いにしてとても長く続いていますが、近いうちには閉める時が来るでしょう。この店のご夫婦はちょうど私の両親と同じ世代ですから。 
 
 私を愛し、良い思い出をたくさん与えてくれた両親。実家の焼肉屋を今でもやっています。私の息子(両親にとっては孫)がすでにそこで働いていますが、特に母親はかなり衰えて来ています。もう残された時間は多くありません。
 ですから今こそ福音を真剣に伝えなければならないのだ、と、長年続くこの「レストランあかね」を通じて思わされました。
 実はそのことは今年に入ってから色々な出来事を通して強く神から迫られていること。今日また、こんな出来事を通してまた示されてしまいました。
 永遠の希望を伝えるため召された者として、まずは身近な人たちをちゃんと愛さなければならない、と。

 そんなことを思いつつ、時が止まった「レストランあかね」を後にしたのでした。
 懐かしのミートソースを頂きながら、そういえばここでカニクリームコロッケも生まれて初めて食べて、こんな美味しいコロッケがこの世にあるのか と思ったことも思い出しました。

 次回はぜひ両親にもこのトピックスを伝えて、カニクリームコロッケを食べに行こう


にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時が止まったレストラン Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる