Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 岡山の朝 西川緑道公園での礼拝

<<   作成日時 : 2013/09/30 00:23   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

 9月22日、私たちはリバーサイドチャーチ岡山教会でのコンサートを終え、夜の10:30過ぎに岡山駅近くの東横イン岡山駅西口にようやくチェックイン。
 ICGCのみんなは旅とコンサートの疲れで早々に休んだと思うのですが、私の内側から、翌朝どうしてもみんなで礼拝をささげてからスタートさせたいという迫りが湧き上がってきました。
 体は疲れていたのですが、広島へ移動する高速バスの乗り場の確認も兼ねて、ホテルの周辺を歩いてみることにしました。なぜならビジネスホテルの館内にはみんなが集まって賛美したり祈ったりするスペースはありませんからね。

 さて、部屋に戻りシャワーを浴びて一日を振り返り、翌朝の礼拝で語るべき聖書の御言葉を準備しました。そして祈り、1時過ぎにようやく就寝。
 朝約束の時間にロビーに行くと、任意にしたにもかかわらず大半のメンバーがそろっており、それだけでも主をほめたたえたくなりました。
 そしてみんなを連れて行ったのが、ホテルから歩いて3分くらいにある川沿いの緑地でした。
 岡山駅からほど近い市の中心部にも関わらず、ご覧ください

画像

 
 しかも水辺に降りていけるゆるやかな階段まであり、みんなで腰かけて、豊かな水の流れと木々の緑を眺めながらの礼拝をささげることが出来たのでした
 前夜ここを見つけた時は、当然暗かったのでこんなに清々しい場所とは思わなかったのです。なぜならば川沿いの道路には赤ちょうちんやらスナックやらが軒を連ねていたからです。でもホテルの近くで10人以上が集まれて祈れる場所を短時間で探すにはここで妥協するしかないと思いました。
 しかし爽やかな晴天の朝の空気は澄み、ここ西川緑道公園が神が与えて下さった最高の場所であることがわかりました。ハレルヤ

 さて話は少し前後しますが、この朝目覚める寸前にわたしの覚醒していない脳天へ電撃的に御言葉が降ってくるという経験をしました。
 それがゼカリヤ書4:6
万軍の主は仰せられる、これは権勢によらず、能力によらず、わたしの霊によるのである。

 この御言葉は私たちの所属するアッセンブリー教団ではよく引用される御言葉であり、神学校の玄関の壁の石盤に彫り込まれている御言葉。しかも寝間着代わりに来ていた神学生で作ったTシャツの背中にもプリントしてあります。

画像


 この御言葉に打ち抜かれ、飛び跳ねるようにベッドに起き上がった私を同室のアキさんはびっくりして見ていました。
 準備した御言葉と違う御言葉でしたが、神はこれを今朝語りなさいと言われているのだと確信した私は、早速PCにインストールしてある注解を確認し、祈った上で取り次ぐことにしたのでした。
 
 
 この預言が語られた背景はこうです。
 紀元前515年,いわゆるエルサレムの第2神殿を完成したゼルバベルとヨシュアはその工事において圧倒的な神の力を証明したのですが、それは神の御霊の力(油=聖霊)によって有効となること。御霊(聖霊)によって神はご自身のわざを昔も今もなされる、ということがゼカリヤを通して宣言されているんですね。
 
 今回の岡山・広島ツアーに参加した12名はベテランもいますが、入ったばかりのメンバーもいるし、様々な事情で事前に一度もリハに出られなかったメンバーもいました。
 でも誰かが意図してこのメンバーを選抜したわけでなく、不思議な導きにそれぞれがそうとは知らずに応答し、イスラエルの部族の数と同じ、またイエスの弟子と同じ12名が召し集められたのです。(この数は聖書的には救いの完全性を意味します。)
 
 それは技術的に優れているから、とか、各パートのバランスを考えて調整したとかではないのです。それでもアルト2、テナー3、ソプラノ4、ディレクター兼アルト2、ピアニスト1、という非常にバランスのとれた形に整えられました。何という不思議なことでしょう。
 ICGCの皆様が神様に向かって賛美する姿と歌声は来られた方々の大きな励ましとなりました
 教会に初めて来られた方も、ゴスペルを歌う皆さんが確かに何か、目に見えないものが見えてるのを感じました。あのパワーはただ者ではないと感動して帰られた方もおられました。

 これは岡山教会の牧師夫人・唯恵さんがFacebookに下さったコメントです。

 確かに前夜のコンサートを振り返ると、私たちの実力を完全に凌駕する聖霊の油注ぎがあって、来て下さった多くの方々が大きな力に私たちが動かされているのを感じて下さったのだと思いました。
 まさに
万軍の主は仰せられる、これは権勢によらず、能力によらず、わたしの霊によるのである。

 この御言葉の成就ではありませんか

 西川のせせらぎを聞きながら「鹿のように(As the deer)」を賛美し、御言葉に耳を傾け、各々が祈る時を持って礼拝を終えました。



 そして私たちは経費節減のため高速バスで広島へ移動。
 広島でのワークショップ、コンサートでもこの御言葉が神から与えられたものであることを体験することになります。

画像


 
クリックお願いします(^^) にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
岡山の朝 西川緑道公園での礼拝 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる