Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 贈り物上手

<<   作成日時 : 2012/12/26 16:14   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 7

 10月の上旬だったか中旬だったか、数度メールのやり取りをしたことのある札幌のゴスペルクワイア・Hevenly Windのディレクターである三ツ橋靖子さんから切実なメールが届きました。

 その内容をかいつまんで言うと、
 11月にメンバー30名でニューヨークゴスペルツアーを実施することにしていますが、予定していたブルックリンタバナクルでのワークショップが先方の都合で中止になり、スケジュールが白紙のままです。
 行きたい所はあるけれどもツテがありません。玉山さんのほうで何とかなりませんか?

 というものでした。
 確かに9月にニューヨークツアーを実施したばかりだし、過去に何度も実施しているのでツテはありますが、ツアーの主旨もよくわからないしとても唐突だったので、そのあたりを正直に返信してお手伝いできることと出来ないことを伝えました。
 何度かやりとりするうちに、ミニストリーとして祈った結果与えられたツアーであることがわかったので、私がお役に立てそうな最大限のことして、現地在住の松尾公子さんを紹介させていただくことにしました。
 公子さんとは過去のニューヨークツアーで何度も一緒に賛美して、9月にも会ってきたばかりでしたし、彼女の本業はハーレムツアーのコーディネートです。それもただの観光ではないディープな内容ばかりをアレンジしてくれ、しかもクリスチャンとしてHarlem Japanese Gospel Choir のリーダーをされている方。
 そこで早速彼女にメールをし、三ツ橋さんとの間を繋いだというわけです。

 それから何度か公子さんが進捗状況を知らせてくれて、Hevenly Windのスケジュールが少しずつ整えられていくのを知りました。そして私たちにはお馴染み・Harlem Japanese Gospel Choir ディレクターのメロディーさんのワークショップや、メモリアルバプテストチャーチでのコンサートなどが組み込まれたことも知り、良かったな〜 と思っていました。

 そして12月の頭に三ツ橋さんから帰国報告のメールをもらい、ツアーが整えられ祝福されたということも伺って、公子さんのプロの仕事に感謝しつつ私の中ではこの話は一件落着だったんですね。

 話はそこから12月23日、自分の教会でのクリスマス礼拝に飛びます。
 私は礼拝の会場係でいつも会堂の最後部に立っているんですけれども、礼拝の最中にインターホンが鳴って、しかもでかい声で

「すみませーん

 と宅配のお兄さんが叫ぶものですから、「礼拝の邪魔しないでくれよ〜」と内心思いながら急いで玄関へ出ました。そして荷物を受け取ると、それには受取人に私の名前が書かれていました。送り主はHevenly Windの三ツ橋さんともうひとりのディレクターである熊谷さん。
 夜帰宅して荷物をあけると・・・

画像


 手書きのクリスマスカードHevenly WindオリジナルCD。そして札幌の銘菓「白い恋人」

 なんということでしょう

 私は机に向かってPCをたたいて連絡を取っただけで、ほとんど何の労力も使っていないのに、こんな形で感謝を現して下さるなんてまったく想定していませんでした。
 しかもこの3点のセレクトがあまりにも私のツボにはまっていて驚きと嬉しさで、このことはぜひ「多くの人にシェアさせてくださいと許可を得て、この記事にさせていただいたというわけなのです。

 こういう風に、感謝をさりげなく絶妙のタイミングで現せる人って本当に素敵だと思います。
 私は逆にこういうのが不得意で、特に贈り物下手だなぁといつも実感しているものですから、なおさらそう感じるのです。
わたしは、あなたがたもこのように働いて、弱い者を助けなければならないこと、また『受けるよりは与える方が、さいわいである』と言われた主イエスの言葉を記憶しているべきことを、万事について教え示したのである。(使徒行伝20:35)

 この聖書の言葉は、パウロが愛するエペソ教会の兄弟姉妹と別れる際口にした言葉であり、自身の生涯を振り返ってなした告白ともなっています。
 これは、パウロが神と教会から多くのものを受けてきた幸いを覚えながらも、私はそれにまさる、与える喜びを味わうことが出来たという、感謝の告白であると同時に、エペソの兄弟姉妹に、「あなたがたもその様な生き方をし、与える幸いを経験することが出来るように」という勧めとも思われます。

 この出来事を通して、三ツ橋さんたちは「受けるより与えるほうが幸い」という主の教えが自然と身についている方々なのだなと尊敬しつつ思わされました。
 私はまだ「与えるより受けるほうが幸い」と思ってしまう者ですが、とても良い刺激になる嬉しい出来事でした。


もしよかったら1クリック(^^♪⇒
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(7件)

内 容 ニックネーム/日時
玉山さん☆

こんなに立派に掲載して頂いて、
返って、恐縮です…(涙)

もっと送れば良かった(笑)
いやいや…。

それにしても、礼拝の最中だった
とはー、そんなタイミングとは、
つゆ知らず、失礼しました(汗)

でも、本当にお陰様で
信じられない位、素敵な、
ツアーになりました。

玉山さんに、そして、
kimikoさんに出会えなければ、
今頃、どうなっていたか…。

本当に神さまと、お2人に
心から感謝します。

何か機会があれば、
ご一緒させて下さいね。
それでは!!

本当にありがとうございましたー!!
やすこ
2012/12/27 02:07
素敵な記事を感謝しました。

アメリカでご一緒したときも、
札幌出張で突然リハに参加したときも、
お二人からは、沢山の事・気持ち・美味しさを頂きました!

愛に溢れた、自然な言動…

私もキリストの愛が香るクリスチャンへと願う。
秋田きょうこねぇ
2012/12/29 02:18
>やすこさん
もっと送れば良かった…なんて滅相もない!(笑)
それにしても、神の恵みは一方通行ではなく双方向だな〜と痛感しますね。
これからもよろしくお願いします。
たま
2013/01/02 00:59
>きょうこねぇ
Heavenly Wind さんと交流があったんですね!
やっぱりゴスペル界は狭いなぁ。

本当にキリストの香りが漂う方々ですね(^^♪
たま
2013/01/02 01:01
きょうこねぇ〜!!

何気なく覗いてみたら、
嬉しいコメントがぁぁー。

きょうこねぇ、変わらずに
過ごしていますか〜??

一緒に行ったアメリカも、
来札も本当に懐かしい!!

デパートの化粧品コーナーを
見る度に2人のことを思いだします。

また一緒に歌いたいねー。
あいたーい!!
やすこ
2013/01/13 21:01
たまやまさん。

私たちはたまやまさんから、
先に受けました。

だから、特別なことはしていません。

神さまの恵みは広がって、
広がりますね。

新しい年もたまやまさんの
毎日に、そして、行くところ所に、
主が生きて働かれますように。

栄光在主

やすこ
2013/01/13 21:05
やすこさん
お祈りありがとうございます!
やすこさんとそのミニストリーの上にも同じことをお祈りします。
最近1年くらい札幌もご無沙汰なので今年行く機会が出来たらいいな〜
たま
2013/01/14 15:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
贈り物上手 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる