Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 伝道者の仕事

<<   作成日時 : 2012/07/30 00:13   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 2

 1日教会にいるとすごくいろいろなことがあります。
 そして、神は生きておられ、その御手は休むことなく動かされていると感じます。

 今日は朝のPPH(Praise & Prayers Hour)から礼拝、愛餐会までICGCの愛するメンバーが初参加してくれました\(^o^)/
 PPHでは参加者が分かち合いする時間を取り、なるべく初心者でも理解しやすい聖書の話を取り次ぐようにしていますが、最近多くの求道者の方や、信仰を持って間もない人が加えられて、とても良い時間になっています。
 毎週適切な御言葉を取り次ぐ準備は責任重大で労力もかかりますが、私にとっても良い訓練の場になっています。 

 また礼拝には、一部で話題になっている異端に近い「預言カフェ」に占いをしてもらおうと2回ほど通ったけど、違和感を感じたのか、他の教会を知りたいと思って来てみた…という方が来られました。
 苦しみを抱えておられるようだったので、祈らせていただくと大粒の涙をこぼしておられ、また来られることを主に願いました。

 今日は月末恒例の愛餐会で、本来ならば私は賛美のギター伴奏の奉仕をするんですが、近所に住む教会員の80代の姉妹から

「礼拝が終わったら来てほしい」

 との伝言が入っていました。
 その方は全く身寄りのない一人暮らしで、かつて患った脳梗塞の影響で左半身が不自由なため、何か身体的にヤバい状況なのかと思って愛餐会を失礼させてもらい、その姉妹の家へ駆けつけました。
 そうしたら、加齢に伴う判断力の衰えが最近激しく、いざという時に誰にどう頼ったらよいかわからない…という相談でした。
 その方のマンションjから教会までは私の足だと3分くらいで着ける距離ですが、半身が不自由で、こう毎日暑いとなかなか出かけるのがしんどいようですし、教会に来てもみんな奉仕で忙しく、なかなかゆっくり話す時間が取れない…ともおっしゃっていました。
 物理的な距離よりも、心理的な距離が遠いのだと思います。
 今までキャリアウーマンの先駆けのように女ひとりで頑張って生きてきた方なので、人に弱音を吐くとか一方的にお世話になるとかにすごく抵抗があるんですね。
 でも肉体は日々衰えていく現実は否定しようもなく、やはり教会しか頼るところがない。

 果たして私に何が出来るのか。
 軽はずみに何かお手伝いすると言っても、実際には出来ることなどないのではないか。

 やはり行政の手を借りながら、霊的ケアを教会としてやっていくしかないのかなぁ。と思い、祈りを共にして教会に戻りました。
 すると牧師からはねぎらっていただきながらも、

「日曜日の集会があるときにはこっちから行くのではなく、来てもらうようにするのが牧会的な視点からすると正しい。来ることで霊的な健康が間違いなく与えられるから。」

 との指摘も受けました。
 確かに教会は、イエスご自身が
わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てよう。黄泉の力もそれに打ち勝つことはない。
(マタイによる福音書16:18)

 と宣言され、聖霊が使徒たちに下ったことで建てられた教会(エクレシヤ)は、
キリストのからだであって、すべてのものを、すべてのもののうちに満たしているかたが、満ちみちているものに、ほかならない
(エペソ人への手紙1:23)

のです。
 教会に属さず、教会で礼拝しない信仰は、イエスの望まれる姿ではないことは明らかです。

 一信徒の時は基本的に、自分が礼拝し、奉仕をし、恵まれていればハレルヤだったのですが、伝道者として召され、訓練されている者としては、キリストのからだである教会を管理監督者として預かる目線で動くことを学ばなければならないと痛感しました。

 奉仕の場としても、隔週のICGCでのメッセージ、毎週のPPHでのメッセージ、そして今週は池ゴスでのメッセージ、と御言葉を取り次ぐ機会が増えています。
 やはり神学校で学ぶということは、今更ながら神の召しだったんだと実感する次第です

 でも伝道者、特に教会を牧する者はこれ以外にも設備の維持管理という仕事もあります。今は神学校の本科生である松田君が夏季派遣で毎日教会のメンテナンスで汗を流してくれていて、通信科生で仕事を持っている私はまったく関わっていません。
 そのことも申し訳ない思いなのですが、最近とみに伝道者の仕事の多様性と重要性を肌身に感じることばかりです。
 特に一番間近な師である佐布牧師の働きを知れば知るほど、「すごい仕事に召されちゃったなぁ」と思うと同時に、アブラハムやモーセのように、召しに従う祝福にも思いをはせるようになりました。

画像


 御言葉に忠実に仕える者となりたいですね。


よろしかったらクリックお願いします(^^)/ にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ねぎらいつつ、言われた牧師の「行くのではなく、来てもらうのが霊的な健康が与えられる」は、思わずアーメンです
須藤
2012/07/30 09:06
>須藤さん
いつもありがとうございます!
教会の意味、意義、役割についてもっと学ばないといけないと思わされました。
たま
2012/07/31 01:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
伝道者の仕事 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる