Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS めったにない父娘での賛美

<<   作成日時 : 2012/03/31 22:18   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 先日娘の看護師国家試験の発表があり、見事合格。
 あまり落ちない試験らしいですが、これで彼女も晴れて4月から社会人デビューとなりました ただただ主に感謝であります
 そのことをFacebookでつぶやいたところとても多くの方々から祝福を頂き、それだけでも感激だったのですが、草加神召キリスト教会のゴス友・シュンさんからこんなメッセージを頂きました。
数年前に、ICGCの5周年?かで、お父さんとデュエットしたAbove Allには感動しました。
じつは、わたし勝手に録音してしまたものがあるのですが(ごめんなさいm(_ _)m)、音源ファイルご希望でしたら、差し上げますが。

 全く予想外の申し出でびっくり。

 確かに2008年の2月に行ったICGC5周年感謝会で父娘ユニット「タマーズ」として1曲限定で賛美したことがありました

画像


 1枚だけあまりよく写っていない写真がありましたが、自分たちがどんな風に賛美したかあまり覚えていませんでした
 ところがシュンさんは事細かに覚えていてくださったんですね。ご本人に了解を取ったので転載させていただきます。
 2008年の録音だったと思いますが、ICGC5周年の記念コンサートを聴かせていただいたとき、無断で録音してしまったものです。すみません。
 ちょうど、流行りのローランドの高音質デジタル録音機を入手したばかりで、上手な先輩クワイアのコーラスを録音して勉強させてもらいたいと、プライベートに自分で聴くだけだからいいかなと教会の机椅子の下の聖書などをおく棚のところにおいて録音しました---ですから、ちょっと録音の場所のため、音がこもった感じではありますが、父娘ヴォーカルの迫力はステレオで広がり含めて立体的にとらえられていると思います。

 その生音声ファイルを、MACのガレージバンドでAbove Allの部分をカット編集してiTuneファイルに落として、感動しながら、当時通勤途中何度も聴かせていただきました---本当に勝手に楽しんでいてすみませんm(_ _)m。
 編集するとき、たまさんのMC部分、娘さんと

「タマーズです!」

 と自己紹介するところ(ユリカさんの恥じらいながらたまさんの発語にあわせるところがほほえましい)、

「ユリカがゴスペルを始めたときは、確か、小学生の時だったと記憶しているが、それがこんなに大きく綺麗になってしまって---こんな場所でなければ言えないんですよ---でも、大切な娘よりももっと大切なイエス様がおられる(--ここで、たまさん再度、娘は本当に大切なんですがくりかえす)
娘も自分もやがて死んでしまう、 ---あってあられる方、イエスさまを愛します」---

 Above Allの前のこの名MCを編集で削除しがたく、いっしょに保存したしだいです。
 そして、Above Allのコーラスですが、お二人とも上手で私自身当時大変刺激をうけました。たまさんの声も伸びがあるし、なんといってもユリカさんの清純なソプラノの歌声が魅力的でした。また、お二人の声がやはり父娘ヴォーカルで歌声が似ていて、よく溶け合っているのです。また、ハモリのときたまさの歌声がユリカさんの発声の100分の何秒か(ほとんど気づくか気づかないか微妙なところ)あとに遅れて発せられているようで、そこに、娘を見守り寄り添う、父親の愛情が感じられるのです。
 そんなことで、私にとって、タマーズのAbove All は感動の愛聴曲として当時何度も通勤途中などiPhoneで聴かせていただきながら、その度にイエスの愛、父親の愛(私にも息子が1人いるので)を感じていたしだいです。

 いやいや、そんなに感動していただいたとは・・・ 4年もたって初めてこのエピソードを伺って、驚きと共に感無量になりました。
 それに音源が存在しているなんて思いもよりませんでしたし、こんなMCをしていたなんて全然覚えていませんでしたから、突然思いもかけず神様からプレゼントを頂いたような気持ちになりました
 そして実際に頂いた音源を聞いても、すごくいいんです 当時は高校生だった娘の素直で澄んだ賛美が胸を打ちました。
 
 娘はこれから病院に勤務することになるので、休みも不規則になり、これまで以上になかなか一緒に賛美する機会はないかもしれません。
 それだけにこれは私にとってのお宝音源になりました シュンさん 本当にありがとうございました

 シュンさんはそれだけではなく、こんな励ましまで下さいました。
 たまさんのブログは、毎回熟読させていただき、わたしの信仰生活の活力となってきました(クリスチャンが一般社会で仕事をしていく上での苦労、ゴスペルミニストリーの伝道の働きのパッション、見習う点が多々あります)。
 つい最新のブログに1980年代の教会の青年会で活動していたころの懐かしい写真のシェアがありましたね。佐布先生の教会だからもともと相当伝統的なお堅いところかと思っていたら、バンドを日本の教会ではじめて取り入れたとは目から鱗でした。

 今回の「タマーズ版Above All」をたまたま私が録音していて、たまさんに4年の歳月ののちに、ご本人たちのもとに音声ファイルとしておくりとどけることができたのは、いろいろが偶然(--いえ、主の計画)がかさなった奇跡によってなされたとしか言いようがありません。
 そしてなによりの奇跡は、小学校6年生(?ですかね)のころから、娘さんのいっしょにゴスペルを一緒に歌ってきて、ICGC5周年にこのような賛美を父娘ともに賛美したということだと思います。たまさんのご家庭に主の祝福が豊にありますように。中央聖書神学校通信科での学びの上にも護りがありますようお祈りいたします。

 私がブログを始めたのが2005年。その時、ゴスペルミニストリーをさせていただいてから神から注いでいただく恵みの数々を忘れないために書き残そう、という思い。「ゴスペル」のことを書いたブログやHPは音楽的なことばかりが取り上げられていたので、何とか教会・聖書・信仰・伝道にフォーカスさせたいという願いでスタートさせたことを思い出します。

 それからもう7年近く書き続けてきたのですが、ブログを通して多くの反響と出会いがあり、私が想像するよりはるかに広くて大きな神様の恵みが注がれ続けてきたことを感じます。

 同世代のクリスチャンであるシュンさんが送ってくださった音源、メッセージにとても励まされました

 これからも主がブログをご自身のために用いてくださいますように

追伸:娘の賛美があまりにも素晴らしかったので、4月8日イースター祝会(14時〜中央福音教会)で1日限りの「タマーズ」再結成あるかもしれません
 
クリックお願いします(^^)/ ⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
ごぶさたしてます。
ゆりかが社会人なんて、不思議な感じです。

現在、医療関係に勤めるわたしとしては
がんばってほしいと願わずにはいられません。
michiko
2012/04/09 01:08
>michiko
おおーっ!!コメントありがとう
元気なんだね。医療事務?営業?
とにかく気が向いたら顔出してくれよ。会えたら嬉しいな。
ユリカへのエールありがとうね
たま
2012/04/11 01:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
めったにない父娘での賛美 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる