Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS さいたま新生教会でメッセージ奉仕

<<   作成日時 : 2011/09/29 00:53   >>

ナイス ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 4

 日本語オリジナルゴスペルが礼拝賛美として用いられるように祈りつつ、昨年から始まったGospel Praise
 今年は第2弾のCDを発売するだけではなく、実際にマスクワイヤーで5月から毎月礼拝をささげてきました。
 ほぼ毎回、江古田の聖書キリスト教会でささげられましたが、7月にマスクワイヤーに参加しているT姉妹の母教会である「さいたま新生教会」でささげられました。
 .その後、8月の池ゴスのフェローシップコンサートにその教会の「しんせいゴスペルクワイア」が出演してくれ、T姉妹もクワイアの皆さんも聖霊に触れられて素晴らしい時間を過ごしました。

画像


 その後にT姉妹といろいろ話す機会があって、

「玉ちゃん うちのクワイアのリハに来て、ガツンと福音語ってくれないかなぁ。」

 しんせいゴスペルクワイアのリハーサルは毎週月曜日の夜で、2・4週は教会の牧師さんがメッセージをされますが、1・3週はメッセージがないんだそうです。
 T姉妹のビジョンは、ゴスペルミニストリーに携わっている人に聖書のメッセージでゴスペルの内容を的確に伝えてもらい、クリスチャンメンバーの励ましになること。そしてクリスチャンではないメンバーが救われることだと打ち明けられたんですね。

 私はまがりなりにも神学生であるし、福音を語れと言われたら喜んで召しに従わなければなりません。しかし、教会の牧師が月2回メッセージをされていて、しかもその教会は日本基督教団。私はペンテコステ派の神学生。果たして牧師さんが受け入れて下さるのだろうか???
 その懸念を伝えると

「ははは ウチの先生そういうの無頓着だから全然平気だよー

 って実に屈託のない返事。
 よし、それなら と9月の1週目に伺う約束をしました。ところが後でその日、会社で重要なプロジェクト会議が組み込まれてしまい、行けなくなっちゃったんですよ

「それなら第3月曜、教会付属幼稚園の大きなイベントだからそこで話して(^^)/」

 カレンダーを見たら祝日。
 聞くところによると幼稚園の創立60周年記念の式典で、作家・志茂田景樹氏の講演会があったり、ジャズやロックやクラッシックのライブがあったり、いろいろな屋台が出たり・・・という1日でのべ1000名の来場者を予定するイベントだとか・・・。
 その最後にしんせいクワイアが賛美をし、合間の10分が私の持ち時間だと

 そんなデカいイベントに、教会の主任牧師を差し置いて、しがない一神学生がトリのメッセージをするなんて

 教会側が本当に大丈夫なのか、何度も私が念を押すものですからT姉妹も改めて牧師さんに確認したところ、

「ぜひやってください」

 これで完全に私の腹は座りました。これが主の御心なんだなと。

 当日教会に伺うと、想像していた以上に立派なイベント。
 あらためて主任牧師の中村眞先生にご挨拶させていただくと、

「私は朝からずーっと駆けずり回ってましてもうクタクタなんで、これでメッセージなんてとても出来ません。どうぞよろしく

 ウィットに富んだお返事が。

 しばらく他のチームの演奏を聞かせていただき、しんせいクワイアの皆さんと合流し共に祈りました。
 そしていよいよクワイアの賛美。
 フルバンドで、まさに私たちがGospel Praise2のレコーディングのために毎月賛美しているお馴染みの日本語ゴスペルが選曲されていました。

画像


 主婦を中心に女性だけのクワイアなんですが、喜びながら時に激しく、時に優しく賛美する姿はまさに「ゴスペル」。
 客席にいた私もクワイアと共に賛美し、3曲終って出番の頃にはすっかり引き上げられて、緊張感はまったくなく御霊に押し出されて前に出て行きました。

画像

 皆さんは歌うこと、踊ること好きですか?
 私は旅行会社に勤務していまして、添乗でお客さんと旅行に行くと、歌と踊りはつきものでした。
 旅行というのは非日常なので、ストレス発散・リフレッシュ効果がある。その中でもカラオケは不可欠なんですね。
 でも宴会でカラオケが始まると大体人の歌なんてみんな聞いてません。歌っている本人もどんな歌詞を歌っているのかほとんど意識していませんよね。
 周りの人は一緒になって踊ったりもしますが、だんだんと酔っぱらってきて、乱れて・・・。
 ああなんて空しい盛り上がりだーって思って見ていたものです。そして時には悪酔いでつぶれてしまったり、喧嘩なども起こるし、次の日は爽快感などはなく、夜更かしの疲れや2日酔い…
 そんなお客さんをたくさん目の当たりにしてきました。

ところで今新生クワイアが「歌いつつ歩まん」という歌を歌いました。

主にすがる我に悩みはなし 
十字架の御許に荷を下ろせば


(くりかえし)
歌いつつ歩まん ハレルヤ!!ハレルヤ!!
歌いつつ歩まん この世の旅路を


恐れは変わりて祈りとなり 
嘆きは変わりて歌となりぬ

(くりかえし)

主はいと優しく我と語り 
乏しき時には満たしたまわん

(くりかえし)


ゴスペルは永遠の希望と喜びを歌っています。宴会で歌うカラオケとは同じ歌であっても、その本質は全く違います。
聖書の詩篇30篇11節〜12節にこう書いてあります。

あなたは私のために、嘆きを踊りに変えてくださいました。あなたは私の荒布 を解き、喜びを私に着せてくださいました。
私のたましいがあなたをほめ歌い、黙っていることがないために。私の神、主よ。私はとこしえまでも、あなたに感謝します。


「生きていくうえで3つの坂がある」という話、聞いたことありますか?
それは「上り坂」 「下り坂」 そして 「まさか」 だって言われているんですね(笑)

 人生の上り坂の時、誰もが鼻歌を口ずさんで上機嫌で毎日過ごしているかもしれませんね。でも下り坂になったらどうでしょうか?ましてや「まさかこんなこと起こるものか・・・。」と思っていたことが突然やって来たらどうですか?
 先般突然起きた大震災も「まさか」ですよね。
 そんな時、たとえクリスチャンであっても途方に暮れてしまいます。でも聖書には私たちが考えられないような希望の約束があります。

神はそのひとり子を賜ったほどに、この世を愛して下さった。それは御子を信じる者がひとりも滅びないで、永遠の命を得るためである。神が御子を世に使わされたのは、世をさばくためではなく、御子によって、この世が救われるためである。          (ヨハネによる福音書3:16〜17)

 「御子」とはイエス・キリストです。「この世」とは私やあなたやすべての人のことです。
 この地上での生涯に目標を置くのではなく、この世の苦しみや嘆きを超越した先にある、永遠の世界に私たちは入れられる希望に生きることが出来るのです。
 この約束を与えて下さる神様の動機は「愛」

 だからゴスペルはこんなにテンションが高い(笑)
 そして私はもっとテンションが高いのです(爆)

 あなたも今日、嘆きを踊りに変えて下さる神のひとり子・JESUSを信じて喜びのゴスペルを歌い続ける人生を送りませんか?

 メッセージの後のしんせいクワイアの賛美は更に素晴らしいものでした。
 最後は2ビートの Hallelujah!! を会場全体で賛美し踊って30分のオオトリのステージが終了。

 こうして日本基督教団・さいたま新生教会での奉仕は恵みと憐れみと祝福の内に終える事が出来ました。
 このような機会を許してくださった中村眞牧師、声をかけてくれたT姉妹しんせいクワイアの皆さん、そしてすべてをつかさどっておられる愛なる神に最大級の感謝をささげます

クリック応援よろしくお願いします(^^)/⇒にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
ハレルヤ!朝から詩篇をかみしめて恵まれました。今日も歌いつつ歩まん♪
ながこ
2011/09/30 07:24
玉ちゃんを用いてくださった主に感謝!

我が魂よ、主をほめ讃えよ!
どんな状況にあっても、賛美できることに感謝します!

T姉妹に与えられたビジョンが、主によって成りますように。
きょうこねぇ
2011/10/02 01:57
ながこちゃん
御言葉はどんな時でも力だよね。感謝!!
たま
2011/10/03 00:13
きょうこねぇ
ハレルヤ!!Amen!!
主の御業は常に最善で素晴らしいです
たま
2011/10/03 00:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
さいたま新生教会でメッセージ奉仕 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる