Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Praise Breakはランニングホームラン2本!!

<<   作成日時 : 2011/03/08 01:32   >>

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 黒人教会の礼拝に出席するとしばしば、みんな喜びが充満しちゃって聖霊によって弾け、踊り叫ぶシーンに遭遇します。これが Praise Breakです。
 かつてHezekiah Worker師の教会・Love Fellowship Tabernacle の礼拝に出席した時、教会内にナースキャップをかぶったおばさんが何人もいて、いったいなぜ??と不思議だったんですけど、礼拝が始まってしばらくしてその謎が解けました。
 賛美が盛り上がって Praise Break 状態になると、教会内をダッシュして駆け回る人、その場で激しくステップを踏みぶっ倒れる人などが続出

画像


 そうするとそれまで一緒に叫び踊っていたナースがぶっ倒れた人のそばにさーっと近づいて介抱するんです。ということはPraise Break が日常茶飯事ってことですね。
 それはアフリカ系の人々に流れる民族性と文化的背景によるものが大きいんだと思います。

 Praise Break はやろうと思って出来ることじゃないので、当然日本人の教会で見たことはそれまで一度もなかったし、今に至るまでありません。ただ池ゴス藤波慎也くんの集会を除いて。 

*******************************

 さて、3月5日の池ゴスは女性テナーとして奮闘してくれている悦ちゃんが、池ゴス常連さんで池ゴスが取り持つきっかけで結ばれたヨッシー&マキちゃんの結婚式に池ゴスを代表して出席のため不在。
 そこでソプラノ・かおりちゃんの仲間であるケンちゃんをシンガーズに入れようということになったんですが、最初から一人でやってもらうのも荷が重いこともあって、美和ちゃんから私も助っ人としてテナーに入るように要請がありました。

 池ゴス丸3年以上やってますが、初シンガーズですから緊張するかなぁ・・・ と思ったらまったくそんなこともなく、かえって賛美を心置きなく捧げることの出来る期待感のほうが強かったですね。
 その原因の一つとして、裏方メンバーが適切に備えられたことが大きいなぁ。主のための奉仕を喜んで名乗り出てくれるICGCのメンバーが複数与えられ本当に感謝



 池ゴスはシンガーズにもバンドにも裏方にもICGCが多く関わっています。3年間関わり続けることによって、ただゴスペルが好きだから歌うということではなく、「ゴスペルを伝えるために仕える」クワイヤーに成長させていただいたんじゃないかと思います

 そんな素晴らしい仲間たちと主なる神の絶妙なるご配慮に支えられ、最近続けてワークショップをしている Souled Out の賛美に突入。
 まさに冒頭に紹介した Hezekiah Walker師のクワイヤーのレパートリーで、「すべて買い上げられて売り切れ」という意味と、「魂を買い取られた」という意味を掛け合わせて作られた造語のタイトルなんですね。
 JESUSが私達の重荷・傷・悩み・醜い部分などすべて十字架の死によって請け負ってくださって、それを暗闇に葬り去り、復活によってピカピカの新製品のように新たに造り変えてくださる・・・という喜びを賛美するゴスペルです。

 この時に Praise Break が起こったんです



 この動画の10分20秒くらいから始まっちゃいます

 聖霊とは天地万物を創造された神のひとつの側面であり、聖霊の満たしを受けるとこの世のものでは味わうことのない喜びで心がいっぱいになります。
 また聖霊は「助け主」「慰め主」とも呼ばれ、キリストを信じる者の心の中に住まわれるお方。本当の慰めや助けは、神から来ます。
 そしてJESUSこそ神の御子であり救い主であることを悟らせ、自分勝手で自己中心な私が、神の愛の対象とされていてJESUSの尊い命と引き換えに買い取られたという事実を教えてくれるのです

 Souled Out を賛美しているうちに頭じゃなくて体でそのことを感じ、いてもたってもいられなくなりあの動きです。
 そこには人の目などを気にする羞恥心などまったくなく、ただ子供のように純粋に主を喜ぶ自分自身がいました
 
 この直後に関口先生のメッセージだったんですが、私は会衆席に戻ることができず、隣の部屋に駆け込み椅子に崩れ落ちました
 心臓は怒涛のように波打ち、滝のように汗が流れ、血圧は完全に200以上 
 まるで草野球でランニングホームランを休まずに2本打ってダイヤモンド2周したんじゃないか そんな感じ。息も絶え絶え。
 しかし心は幸福の絶頂で、このまま天の御国へ召されちゃうんじゃないかー っていうくらい幸せでした
 この瞬間黒人教会の礼拝にナースが必要な理由が、頭じゃなくて体でわかった〜

 今までは会衆側で Praise Break を体験していましたが、賛美を導く側でのそれは恵みが倍加して相当な霊的パワー増強になりました〜

画像


 これ以降多分私が池ゴスシンガーズに入って賛美することはほとんどないと思いますので、本当に貴重な体験を神がさせてくださいました

永遠に栄光を主に

クリックお願いします→にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
驚いた
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
Praise Breakはランニングホームラン2本!! Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる