Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 藤波慎也とゴスペルリンキングフェスタ2010

<<   作成日時 : 2010/12/31 16:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 かけがえのない信仰の友・藤波慎也くんとは6〜7年くらいのお付き合いになります。その彼のニューアルバム・Come to Me が12月1日に発売され、発売前日の11月30日のICGCリハにそのアルバムを持って来て、証しをしてくれました。

 その後に慎也くんからこんな相談が。

「年末に行われる Gospel Linking Festa で賛美して欲しいって依頼されてるんですけど、中央福音教会でワークショップさせてもらうことできますかねぇ?」

 教会の関口先生のOKが出、28日の火曜日がICGCのリハ日なので、そこをワークショップにしようということに決定。
 Gospel Linking Festa本番まで1ヶ月を切った中で急遽ワークショップクワイヤーを募集するということになりました。
 あまりの急な展開に、「主が動かれておられるなってワクワクしましたよ
 
 そんなわけで迎えた12月28日。
 ワークショップクワイヤーはICGCと池ゴス常連さん、慎也くんの母教会・大分のクワイヤーに所属して今東京に住んでいる姉妹たち、はるばる金沢・甲府から駆けつけたゴスペラーなど20名ほどが集められました。少し遅れて始まりましたが、いきなり慎也くんのリードで聖霊充満
 お時間のある方はぜひ2時間のフルヴァージョンをお楽しみください



 本番当日に賛美する予定の曲だけでなく、その場で聖霊によって示された賛美をつないでいき、最初から最後まで完全に主への礼拝。
 人目など関係なくただ神様と自分の1対1の濃厚なひと時がつむがれて行く感じ。もうたまらなく幸せな時間が流れていきます。

画像

画像

画像


 そして一番触れられたのは、予定外の曲「注いでくれた」
 この1年振り返って、いや今までの人生を振り返って、神様がどれだけ私に愛を注いでくれただろうか・・・ どれだけ恵みを与えてくださっただろうか・・・
 そう考えながら賛美すると胸がいっぱいになって涙があふれます 今年の後半からゴスペルを通して導かれたある姉妹はずーっと号泣してましたよ



 こうして満たされまくったワークショップが終わり、30日が私たちの出番でした。
 場所は自由ヶ丘の玉川聖学院というミッションスクール。控え室は何と教室でした

画像


 ゴス友・まりりんのクワイヤーと同じで、そこで旧知の仲間たちとも旧交を温め、しばらく時間があったので他のクリスチャンアーティストたちの賛美を体験しに行きました。
 様々な音楽ジャンルの人が出演していましたが、ロック系が多かったですね。でも残念ながら、ロック系の人たちは歌詞が何を歌っているのかまったく聞こえず、わからず、チューニングも合ってない人もいたりしてパフォーマンス重視。賛美とは思えないバンドも (あくまでも個人的感想です。あしからず・・・)
 どっと疲れて控え室に戻り、何とか霊的な部分の回復を祈りました。

 そんな中、慎也くんがようやく登場。実はワークショップで練習した曲から、その時にみんなが一番触れられた「注いでくれた」と最後にワーシップした「Jesus Loves me」を急遽賛美することになり、そんなこともあって教室で即席練習。

画像


 まるで高校教師になったような慎也くんに一同なごみまくり そして賛美に引き上げられ、とどめはがっつり濃厚な祈りタイム。

画像


 決して自分たちが前に出ないように。主の栄光の陰に私たちが隠されるように

画像


 年末年始の日本の社会に根付いてしまっている偶像礼拝の闇が、主の御名によって打ち破られるように。

 これでみんなの魂が一気にひとつにされ、私自身の霊的ダメージも回復 いざステージへ。
 もう客席は全く目に入らず、ただ主を見上げ賛美による礼拝。ただただ礼拝。
 天の窓が開いて、そこからJESUSがその御手を差し伸べてくださっているような感覚にとらわれ、本当に幸せでした

 あっという間の賛美が終わり、みんなで感謝の祈りを捧げ、主が集めてくださったこのクワイヤーで記念撮影
画像


 本当に満たされて帰路につくと、携帯にメールが入っている事に気づきました。
 それは去年NYゴスペルツアーに一緒に行った姉妹たち6人からで、
<strong>「会場でみんなで見てましたよ−
 写メ入りで。
 全然気づかなかったから、本当に主に向かって一直線だったんでしょうね

 こうして慎也くんや愛する兄弟姉妹たちと共に最高の賛美と礼拝のときを持つことができて、恵みの2010年を締めくくることができました。

 このブログをお読みいただいているに方も、この1年間色々な所でたくさん声を掛けてくださり、本当に励まされました。
 主によって出会わせてくださった出会いに心から感謝します。

 皆様にとって主の恵みをたくさん受け取ることのできる2011年でありますように。心からお祈りいたします



応援クリックお願いしますにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
奇跡!Twitterからの救い その2
 前のブログの続編です。    私が彼女に教会を紹介してから1ヵ月半後、11月の池ゴスに彼女がやって来ました。  実は10月後半から体調を崩し、所属するクワイヤーの練習、予定されていたゴスペルワークショップなど全部キャンセルせざるを得ず、賛美に飢えていた時、池ゴス当日朝の私の告知ツイートを見て「行きたい!!」と思い立ったそうです。  そしてその時に初めてリアルな対面が実現したのです{%キラキラwebry%}    池ゴスではその月に生まれた人のお祝いを「きみは愛されるため生まれ... ...続きを見る
Tama’s ゴスペラー日記
2011/02/11 16:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
藤波慎也とゴスペルリンキングフェスタ2010 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる