Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS タイ鉄道小旅行とのんびり風景

<<   作成日時 : 2010/08/14 21:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今回は純粋に旅日記です。
 前回のブログで書いたとおり、アユタヤで象に乗ったりして世界遺産を堪能した帰りはバンコクまで鉄道を利用しました。
 仕事で来てもなかなか地元のローカル列車に乗る機会はありませんし、私の鉄道好きの虫もうずき、タイ国鉄北線の快速列車エアコン付2等車を予約してもらいました。

画像
              (アユタヤ駅)

 13時くらいに駅に到着。13:28発ということでしたが遅れているみたい。タイでは遅れる事が当たり前らしいので駅ウォッチングしながらのんびり待つ事にしました。

画像
              (切符売り場)

 すると普通列車が先に到着の気配。

画像


 人々が踏み切りも何もない線路を、一応駅員の誘導でわさわさと渡り始めるとほどなくディーゼル機関車に牽引された客車が到着。

画像
 

 エアコンなしの普通列車に地元の人が窓を全開にして乗っています。私が子供の頃の日本のローカル線もこんな感じだったなー 
 その列車が出発したらホームは再びのんびりとした空気が戻りました。

画像
画像
画像


 アユタヤは街のいたるところに野良犬がいて(と言ってもどの犬も人が面倒を見ているみたいですが・・・)、ホームにも2匹がうろうろ。
 犬好きの私としてはまたまた心が和んでしまいます 
 しばらくそいつらとコミュニケーションをとっていたら、娘が

「ちょっと来てよ〜

 と呼ぶじゃありませんか。その声の方に行ってみると何と2匹の子犬がっ

画像
画像


 もう癒されまくりです

 そんなことをしているうちに約50分遅れで快速列車が到着。

画像


 ディーゼルカーですが、かなり年季の入った車両で、エアコン付とエアコンなしが混在した編成でした。私たちは前述の通りエアコン付の車両の指定席を取っていたので、涼しい中でのミニトリップ。

画像
画像


 シートも1席ずつ独立していて乗り心地はまずまず。途中、王室の別荘のあるヴァンパインや国内空港のドンムアンなどに停車しながら1時間40分をかけてバンコク・ファランポーン駅に到着。
 タイ国鉄で一番大きなターミナル駅ですが、これがまた素朴なターミナルで、昭和30年代の日本の駅そのものという感じ。

画像


 ヨーロッパスタイルの天井が高いドーム型の駅舎は上野駅にも通じるものがありますね。

画像


 タイの国鉄は完全非電化。総延長約4000キロが全部ローカル線みたいなものです。一度タイ全土をのんびり鉄道旅行で周ってみたいな〜
 ちなみにバンコクの都心では地下鉄とBTS(スカイとレイン)と呼ばれる近代的な電車が走っています。

クリック応援お願いします→にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すっごいかわいい〜w
会社のデスクだけど癒された〜♪(^^)
ミッヒー☆
2010/08/16 13:52
俺そんなに可愛い?
んなわけないか
たま
2010/08/16 17:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイ鉄道小旅行とのんびり風景 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる