Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 思いもかけず天国民

<<   作成日時 : 2010/04/23 01:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 10 / トラックバック 0 / コメント 11

 月曜日の昼、何気なくTwitterのタイムラインを眺めていたら、まったく知らない方から私宛のつぶやき(メッセージ)がありました。
 はじめまして。ゴスペル、すてきですよね。お時間があったらいかがでしょうか。天国民のコンサートチケット差し上げます!!今夜渋谷で19時半〜 ゴスペルです。

 まったく心当たりのない方からのメッセージにいったいなんだろう?と思い、その方のプロフィールを見てみたら、会社を経営しておられて大学の非常勤講師や企業研修を請け負っている至極ちゃんとした方。
 ご本人が急用で行けなくなり、「ゴスペル」をキーワードにTwitter内で検索し、渋谷近辺にいて代わりに行ってくれるゴスペル好きを探したみたい。
 次に、「天国民」ってなんだっけなー 聞いたことあるな− と記憶をたどって思い出したのは、作家・シンガー・牧師という多彩な顔を持つ「マレ」こと石井 希尚さんがやっているバンドだということでした。彼は仙川にあるライブハウス兼カフェ・Kickback Cafeのオーナーでもありますが、天国民の曲も聞いたことないし、カフェにも行った事がありません。ルックスもいかにもナルシスト系で何か好きじゃなくて…。
 要するに自分でお金出してじゃ絶対に行かないだろうというライブだったわけです。

画像


 今週の夜は、いつものICGCのリハに加えて労組のオルグが連日入っていて、特に予定がないのがこの月曜だけだったということもあり、私は「行けると思います」と返事をしました。

 こうして全く想定もしなかったライブ鑑賞が実現しました。
 場所はO-East。超有名どころのライブハウスです。ウチの会社からバスで15分で行けちゃう。
 会場に着くとチケットを取り置きしてくれていて、席は1階の正面でとても見やすい場所でした。

画像


 天国民って音楽的にはロックかと思っていたら、基本はR&Bテイストでファンクだったりポップだったり色々な要素が入り混じった上質なバンドだったな それでいて歌詞に耳を傾けていると、しっかりJESUSを賛美していました
 黒人教会で歌われているゴスペルを再現してコール&レスポンスさせたり、ハレルヤを3声に分けてミニワークショップしたり、そんなコーナーもあってすごくいい感じ。
 圧巻だったのはコーラスの2人と奥さんの久美子さん、マレの4人でHe Reighnsをアカペラでやったところ。
 コーラスワークの巧みさ、アレンジの妙。こりゃ只者じゃないなってうならされましたね
 バンドもドラム・ベース・ギターの基本編成にツインキーボード、それにサックスとかなりの厚みで、安定感あるリズムにグルーブが加わってすごく上手でした

 MCではゴスペルは聖書の言葉であることや、そのルーツについて触れたりしつつ、どんなにうまくいかなかったり辛いことがあってもあきらめなければ絶対に大丈夫なんだ、ということを再三言っていましたね。

 歌っている内容は賛美だし、音楽のクオリティーも素晴らしい。そしてダンスをたくみに取り入れたりしてショーとして十分に満喫できる。さらにマレさんと久美子さんのビジュアルもカッコいい。
 
 これなら一般のマーケットで十分通用するし、大々的に売り出せないものかと思いました。率直に。

画像
               (天国民オフィシャルHPより)

 その反面、なぜ彼は日本の他のクリスチャンアーティストや牧師たちと交わらないのか不思議に思う気持がどんどん膨らんでいったんですよね、私の中で。
 ライブが進んでいく中で、こんなMCがありました。
 日本人はもともと神輿をかついだり神社仏閣を大切にしたり、神を大事にする国民だ。「大和」という言葉はヘブル語の「神」=「ヤハ」にも通じる。だから日本人にも神をほめたたえるゴスペルが心に響く。
 確かにそういう側面はあるかもしれませんが、ちょっと彼のニュアンスの中には偶像礼拝を文化として容認しすぎているのを感じて、ちょっとグレーだぞって思いました。
あきらめないで前を見続けて信じていけば仏教とかキリスト教とかそんなこと関係なく救われる。
 これには思わず「そーじゃないだろって心の中で突っ込みを入れてしまいましたよ。
 キリスト教を排他的と批判する日本人に対し、とても耳障りのいいMCではあります。しかし聖書はそんなことを一言も言っていないばかりか、
わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。(ヨハネによる福音書14:6)

このイエスこそは『あなたがた家造りらに捨てられたが、隅のかしら石になった石』なのである。
この人による以外には救いはない。わたしたちを救いうる名は、これを別にしては、天下のだれにも与えられていないからである。(使徒行伝4:11〜12)

 そうはっきり書いてあるのです。
 確かに、
「どんな宗教も言っていることは同じ。登山と一緒で、登るルートは違っても最終的に同じ山頂に到達する。」
 などとしたり顔で言う文化人たちには大歓迎されるでしょうが、聖書の真理を曲げてはいけないぞ
 マレさんのWEBサイトの「Church」という項目を見ると、

伝統に束縛されない型破りな活動と、斬新な切り口による聖書の解き明しが、好評を博している。

 そう書いてあります。
 なるほど、これが他のクリスチャンアーティストや牧師と連携しない、あるいは出来ない原因なのかな…と感じました。聖書は斬新な切り口で解釈してはいけません。

 でも彼の賜物は半端じゃない。Kickback Cafeもクリスチャン以外の人にも好意を持たれて認知されていて、著書のファンも多い人です。
 こういう人が正しく聖書を深く学んで、独自ではない釈義で福音を語るようになったらもっともっと救われる人が増えるのに・・・。

 でも今回はTwitterを通して大変貴重な体験をさせていただきました。こんなことがあるなんて全く想像も出来ませんでしたからねー。
 チケットをいただいた方には感謝の手紙を送らせていただきました。
 そして主に感謝。

クリックお願いします→にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

この人と結婚していいの? (新潮文庫)
新潮社
石井 希尚

ユーザレビュー:
期待以上の作品ディス ...
とても前向きになれま ...
相性チェック本ではあ ...
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 10
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い
驚いた
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(11件)

内 容 ニックネーム/日時
ハレルヤ!!日記読むだけで興奮します!
まき
2010/04/23 10:56
>まきちゃん
ありがとう
ちなみにこの日記のどの部分で興奮したの?
たま
2010/04/23 11:57
久しぶりの書き込みです。
天国民は私がゴスペルを始める前はホントに頻繁に聴いていました。
熱い音楽、熱い賛美に打たれます。
マレさん、以前たしか、ポリドールかどこかで実際にメジャーでアルバムだされてましたよ。
いつかまた仙川に行きたいと思う私です。
緑茶
2010/04/24 11:40
>緑茶さん
かつてはメジャーでやってたみたいですね。でも今だからこそ深い内容の歌詞と彼の音楽性が、一般マーケットに受け入れられるような気がするんですけどね。
もちろん福音を曲げてもらっては困りますが。
たま
2010/04/25 00:54
素晴らしいライブでしたね!

ちなみに希さんは、宗教じゃなく神を信じる信仰によって救われる!と言ったんじゃないでしょうか?

聖書を曲解していないと思います。
うさぎ
2010/04/29 23:14
素晴らしいライブでしたね!

ちなみに希さんは、宗教じゃなく(神を信じる)信仰によって救われる!と言ったんじゃないでしょうか?

聖書を曲解していないと思います。
うさぎ
2010/04/29 23:15
>うさぎさん
コメント感謝します。
私には仏教だろうが神道だろうがキリスト教だろうが関係なく、神を信じたら救われる、と取れました。私はマレさんについて何の先入観も持っていなかったのでちょっとびっくりしたのです。
曲解していなければいいのですが。
たま
2010/04/30 09:43
失礼ですが、先入観で判断されているように感じたので、マレさんの名誉のためにコメントさせて頂きました。
著作の中でも唯一無二の万物のクリエーターとして、いつも神のことを書かれていますよ。
うさぎ
2010/05/11 08:03
>うさぎさん
マレさんの神への信仰についてではなく、「わたしは道であり、真理であり、命である。だれでもわたしによらないでは、父のみもとに行くことはできない。」
というイエス・キリストの言葉がぼやけてしまっている「あきらめないで前を見続けて信じていけば仏教とかキリスト教とかそんなこと関係なく救われる。」というMCが気になっただけです。それ以外は本文にも書いたように感動と感嘆ばかりでしたよ。誤解ありませんよう。
たま
2010/05/11 10:01
『だれでもわたしによらないでは父の御元に行くことはできない』というの聖書の言葉の通り、マレさんも仏教やキリスト教などの宗教によって救われるのではなく、イエスを信じる信仰によって救われると言う意味で言ったんだと思いますよ(^_^)

私もたまさんにマレさんのことを誤解して欲しくなくて、書き込みさせて頂きました。
返信して頂いてありがとうございましたm(__)m
うさぎ
2010/05/11 22:52
>うさぎさん
色々教えていただいて有難うございました。
マレさんの働きでイエス・キリストを救い主として信じる人がたくさん起こされるように祈ります。
たま
2010/05/12 00:41

コメントする help

ニックネーム
本 文
思いもかけず天国民 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる