Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 民家の教会でゴスペル

<<   作成日時 : 2010/03/03 23:34   >>

驚いた ブログ気持玉 12 / トラックバック 1 / コメント 9

 神が張り巡らされた出会いの糸は実に不思議です。
 1月の雪が舞うある寒い日。営業で八王子にいた私の元に珍しい人から電話がかかってきました。その人は千葉県の柏で牧師をしている色川悦子先生でした。

 彼女はもう25年位前になるのかな?私の所属する中央福音教会の近く、駒込にある同じ教団の中央聖書教会の熱心な賛美リーダーで、教団の集まりがあるとすごく目立っていたんですね。それと年も近かったことから何となく顔見知りになったと記憶しています。
 そうしたら程なく彼女は献身(牧師になる決意をする事)し、神学生としてウチの教会に派遣になって半年ほど研修に来たんです。
 それで結構仲良くなったというわけ。

 しかし彼女が牧師になってからはほとんど接点もなく、mixiを通じて時々近況を報告しあう程度の関係でありました。
 だから、いったい何の電話だろう?って。

 話を聞いてみると、柏の教会に来ているある姉妹が私と一緒にニューヨークゴスペルツアーに行ったことがあり、今、とある体の事情で祈りと励ましが必要な状況なんだ、と。
 彼女はゴスペルが大好きなんだけれども、柏の教会は普通の民家の教会でゴスペルを歌える環境も指導する人もいないから、ぜひ来てゴスペルによって彼女と教会の皆さんに力を与えてもらえないだろうか・・・

 その人のことをよく尋ねてみると、2006年に行ったニューヨークゴスペルツアーに参加してくれたMちゃんだということが判明しました。
 現在は結婚し柏に住んでいる関係で、色川先生の教会に通っているとのことでした。 

 その話を聞いて、そういうことならぜひ力になりたいと思い、柏めぐみのうたキリスト教会での特別賛美が決定しました。

画像

画像


 最初はICGCで行こうって思ったんですけど、

「ホントに普通の家で5人も並べないかも・・・」

 ということはゴスペル礼拝・「ゴスペル&メッセージ」で奉仕をしているシンガーズで行けってことだ
 このメンバーは最大で4人のシンガーズ。これにピアノを入れたら5人で、まさにぴったりのサイズ
 結果としてシンガーズ3名とピアノの4名で2月28日の午後、お邪魔してきました。

 池袋で礼拝してから車を走らせること約1時間で着いた教会は、住宅地の中に建つ2階建ての1戸建て。絵に描いたような民家そのものでした。
 フローリングのリビングと和室の間の引き戸を取っ払って2間続きにし礼拝堂にしていて、15人入ったら満杯状態。隣の家の壁も手を伸ばせばすぐに届いてしまう近さなので、雨戸を閉めてささやかな防音を・・・
 私たちは早速リハを始めましたが、すぐ目の前にお客さんがいる状況で、もうリハから丸聞こえの大公開です

画像


 控え室は台所。流しと冷蔵庫の前で先生と役員の姉妹と共に聖霊の満たしと集会の祝福を祈ります。
 これが素晴らしく豊かな時間でね〜 もうこれで帰ってもいいっていうくらい恵まれてしまいました

 14:30の開始予定を少し前倒ししての賛美スタート
 15人収容の会堂は満席で、初老の方から小学生まで幅広い層の方が満遍なくおられ、外部には告知していないのでみんな教会に普段集っている方々だということでした。でも半分くらいはまだクリスチャンではない、と教えてもらいました。

 1曲目は「主の祈り」
 JESUSが教えてくださった祈りを歌いながら、さらにMちゃんの祝福と励まし、未信者の方々の救い、クリスチャンの方々の満たしを願い、目を開けると最前列のセンターにMちゃんが座っていてすでに号泣状態じゃないですか
 うわぁ ヤバい こっちもウルウルと・・・

This is the Day,
You are Good,
Lord I lift name on high,
He knows my name,
How great is our God,
I need you to survive 


 などを賛美しながら証しを織り交ぜ2時間、3人で賛美しまくり、お客さんにも存分に賛美していただき、そこが民家であることなど完全に吹っ飛んでシャウト&ダンス&クラップ&ストンプ
 先生も涙で顔がぐしゃぐしゃになりながらも叫んでましたね〜

 最後はMちゃんを囲んで全員の祈りが止まらなくなってしまいました。それがようやく収まると、中学生の女の子2人組から、

「あのノリノリのヤツもう1回お願いしま〜す

 とアンコールが来て、You are Good を踊りながら賛美っ

画像
            (終了後Mちゃんを囲んで)

 いやぁ ホントに祝福されました。

 でも祝福はこれだけにとどまらず、実はもうひとつサプライズがあるのです。
 この話が来た時に、ピアニストは誰に頼もうか考えたんですが、いつもお願いしているHisWillの義宣社長はイレギュラーな日程では無理。そこでICGCのサブピアニストであるモッヒー・浅倉にお願いしました。
 そこでこの話の経緯を含めて浅倉に依頼すると、

「それってM子の教会ですよね 」

 そう言うじゃないですか。

「何で知ってんの?」

「少し前にM子が『玉山さんたちが教会に来てくれるかも』って言ってたんですよ。」

 びっくりですよ 
 何とMちゃんと浅倉は大学の時の同級生で、しかもルームメイトだった
 さらに、

「自分はゴスペルのこと全然知らなかったんですけど、M子にゴスペルってものを初めて教えてもらって、それから義宣さんのところでゴスペルピアノを弾くようになったんです。」

 もう神様って何てすごいんだ

 色川先生との出会いは約25年前ですよ 
 ニューヨークゴスペルツアーは4年前。
 浅倉に出会ったのはHisWillの見習いでICGCに彼女がついてきたからで、2年前。
 しかも今回のシンガーズは全員2006年のニューヨークツアーのメンバーで、その当時美和ちゃんは中央福音教会ではありませんでした。
 その後不思議な導きで中央福音教会のメンバーになったので、ゴスペル&メッセージの奉仕を一緒にするようになったわけです。

 こんな周到な筋書きは人間には書けません。

 それを思うと、この日の賛美は偶然ではないということがわかります。2010年2月28日に柏の民家の教会でゴスペルを賛美することは、天地の造られる前から決められていた。
 そう信じます。
 ということは、その場にいたひとりひとりの方も神が招いておられ、この日がきっかけで神を信じ、人生が変えられた、と言う方が何年かあとに出てくるのではないか・・・ そう思わずにはいられません。

ただ主に栄光あれ


クリックよろしくお願いしますにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村



ハーレム・黒人教会・ゴスペル
文芸社
水田 寿一

ユーザレビュー:
ハーレムハーレムと言 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 12
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Oh Happy Day
 神はオールマイティーなお方なので不可能なことはありません。しかし最初の人・アダムとその妻エバを創造された時から人間に自由意志をお与えになり、「神に従って生きる」か、「自分中心に生きる」かを選べるようにされました。  結果として二人は神が禁じていた「善悪を知る木の実」を取って食べてしまい、神に背く生き方を選んでしまいました。それ以降、私たちには「原罪」と呼ばれる罪の性質が刷り込まれてしまったのですね。    その自分ではどうすることも出来ない罪を解決し、あがなって下さるためにイエスは... ...続きを見る
Tama’s ゴスペラー日記
2010/03/16 00:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
もしかしたらM子さんのこと知ってるかも?
うちのクワイヤにユッキー(浅倉さんのことです。)の友人が来てた事あるんですよ。
Yoko
2010/03/06 09:52
>Yokoさん
ゴスペル界、クリスチャン界はまだまだ狭い世界だからね。すぐにつながっちゃうね。ハレルヤなことだけど。
たま
2010/03/07 00:13
励ましをありがとうございました!
そんな事があったことに、とても驚いています。神様のなさることは喜びの泉です(;_;)玉山さんの証を読み、さらに神様のセッティングに感動しました。

12月にお腹の赤ちゃんに心臓の穴や染色体異常、発育遅延と言われていましたが、ちょうどクリスマスの時期でキリストの誕生と救いに励まされ感謝でした。

また、全国のクリスチャンの方々が私の知らない方も、赤ちゃんの祝福のために祈ってくださっていました。

この子はこんなに祈られて、一体どんな幸せな子が産まれてくるのだろうと、思わされます。

ヨハネ15章「主はぶどうの木、あなたがたはその枝である」
から、名前を「結実(ゆみ)」と呼びかけていました。

イエスキリストによって、集められ、また散らされ、多くの実を結ぶことを結実を通して思わされていました。

この28日のゴスペルワークショップでも再び集められ、この子は神様の祝福だと思いました。一人一人も神様の祝福だと思いました。

本当にありがとうございました。
M子です
2010/03/08 15:13
>M子ちゃん
このような機会が与えられて本当に感謝です。
エレミヤ29:11が示されました。
「主は言われる、わたしがあなたがたに対して抱いている計画はわたしが知っている。それは災いを与えようというのではなく、平安を与えようとするものであり、あなたがたに将来を与え、希望を与えようとするものである。」
主のご計画に期待し、信頼します!!
たま
2010/03/08 16:25
ありがとうございます!
玉山さんが示された、そのみことばは、今年の我が家の年間聖句です。
トイレに手書きで書いて貼りつけています。
神様の与えてくださっている、平安のご計画に感謝です。また感動しました。ありがとうございます。
M子です。
2010/03/08 17:11
なんて素敵なことでしょう!!
感謝です。ホントに素敵!!
こんなご計画に感謝します!
恵まれちゃいます!
色川だす
2010/03/15 01:55
>M子ちゃん
ハレルヤ!導き手である主に栄光を
無事生まれたかな?
たま
2010/03/15 13:33
>色川先生
こちらもすごく恵まれましたよ。
主の恵みは一方通行ではなく、放射線状に注がれて、また聖徒たち相互にも働くんだなって改めて感じました。
これからもよろしく
たま
2010/03/15 13:33
突然の投稿、失礼いたします。
玉山さんごぶさたしています!クズハです。

私は柏で、柏オールソウルズゴスペルクワイアというクワイアのディレクターをしております。
実は最近、クワイアを主催・所属していた教会から、事情があり
クワイアの活動が離されることになってしまい、
柏付近でリハ会場を(できたら教会)を探しております。
約10名ほどが毎回リハにきています。
(車や電車などで)

このブログの情報をみて飛びついて連絡しました。ゴスペルというミニストリーを理解し、
ご相談に乗ってくださる方を探しています。

クズハアドレスは
kuzuha375@yahoo.co.jp
090-9313-3416

柏オールソウルズのブログは
http://blogs.yahoo.co.jp/ksgc_gospel

突然のコメント、失礼しました。
主によって道は開かれるということを
学ばせていただいています。

葛葉美奈子
KUZUHA
URL
2010/10/27 03:08

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
民家の教会でゴスペル Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる