Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 香港での礼拝

<<   作成日時 : 2010/01/24 18:50   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

 私の職場ではこの時期に部内旅行があります。
 私はこの部に異動してきて2年と少し。ようやく旅行費用の積み立ても満額出来たので、今回初めての参加。
 ということで、今香港に来ております。

 香港は添乗をしていた時におそらく10回くらいは来ているんですが、今回は4〜5年ぶりかなあ?
 他の社員の皆さんはあまり旅行の経験のない人ばかりなので、通常の市内観光にお付き合いしつつ、3日目の今日はフリータイム。
 私以外の6名は(そう、総勢が7名なのです・・・)、マカオ日帰りのオプショナルツアーにお出かけで、私はいよいよ今回の旅行の一番の目的、 「香港の教会で礼拝する」を達成してまいりました。

 旅行前にネットで教会探しをしたんですが、広東語のウェブ検索は難しいので、とりあえず行ってから探そうと主にお委ねしてこちらに来ました。
 するとやっぱり実に見事に導かれるんですねぇ
 宿泊のホテルが九龍側のCity View Hotel というホテルで、ここはもともとYMCAのホテルだったのです。一帯がちょっとしたキリスト教エリアになっていて、ホテルのすぐ前にでかい教会が2軒あるじゃないですか

 その中の1つ、「基督教香港信義会真理堂」(ELCHK Truth Lutheran Church)の礼拝に行ってきました。

画像

画像


 日曜日の礼拝は9:30スタートの礼拝と11:45スタートの礼拝の2回。私は9:30の回に行きました。2階が礼拝堂になっており、身近なところでいえば江古田の聖書キリスト教会の大礼拝堂をもうひとまわり大きくしたくらいの広さ。天井はかなり高く、パイプオルガンがありました。
 
 受付で日本から来たクリスチャンであることを英語で告げると、すぐさま女性のアッシャーがヘッドフォンと英語の聖書を手に会堂の一番後ろにある同時通訳席に案内してくれました。
 やがて30名くらいの聖歌隊が入場し、パイプオルガンの演奏で賛美が始まりました。

 香港の市内観光の定番で、文武廟という道教の寺院に立ち寄るんですが、昨日そこに行って、あまりの偶像の多さと、それに実に熱心に祈りをささげる香港の人々の姿にあらためて暗澹たる気持ちになっていたところでした。



 実は存在していないむなしい偶像にひれ伏し熱心に拝む人々…。

 しかしこの教会には間違いなく聖霊の豊かな存在があり、唯一真の神に礼拝をささげる香港の人々が続々と集まってきます。
 私は広東語の賛美を聞きながら涙があふれてきてしまいました。

 神はどこにでもおられ、生きて働かれる方だと。

画像


 礼拝は実にオーソドックスで、我が中央福音教会と通ずるものがたくさんありました(当たり前ですが・・・)。
 メッセージはルカによる福音書4:14〜21.
それからイエスは御霊の力に満ちあふれてガリラヤへ帰られると、そのうわさがその地方全体にひろまった。
イエスは諸会堂で教え、みんなの者から尊敬をお受けになった。それからお育ちになったナザレに行き、安息日にいつものように会堂にはいり、聖書を朗読しようとして立たれた。すると預言者イザヤの書が手渡されたので、その書を開いて、こう書いてある所を出された、
「主の御霊がわたしに宿っている。貧しい人々に福音を宣べ伝えさせるために、わたしを聖別してくださったからである。主はわたしをつかわして、囚人が解放され、盲人の目が開かれることを告げ知らせ、打ちひしがれている者に自由を得させ、主のめぐみの年を告げ知らせるのである」。
 イエスは聖書を巻いて、係り者に返し、席に着かれると、会堂にいるみんなの者の目がイエスに注がれた。そこでイエスは、「この聖句は、あなたがたが耳にしたこの日に成就した」と説きはじめられた。

 女性の牧師はパワーポイントを使いながら、クリスチャン生活とはどういうものか、とメッセージされました。
 父・子・聖霊なる神を信じ、礼拝し、賛美することによって、JESUSが「あなたが耳にしたこの日に成就した」と宣言されたように、解放と癒しと自由が与えられ恵みのうちに生きることが出来るのだ、そんな内容だったように思います。

 ちなみに賛美は聖歌とAs the Deer が歌われました。
 教会の近くにクリスチャンブックセンターがあって、礼拝後に覗いたら賛美のCDはヒルソングと地元のシンガーたち、そして白人のワーシップしか置いてありませんでした。
 やっぱりブラックゴスペルは知られていないみたいです・・・。

 しかし賛美は賛美。心は十分喜びで満たされました。

ハレルヤ

 私は国内でも海外でも、日曜日であるなら極力スケジュール調整して現地の教会に行きます。
 そのたびに毎回確信させられるのは、イエス・キリストは全世界のどんな場所であっても変わらぬ愛をもって支配されておられ、そのキリストの体である教会はひとつなんだ、ということです。

 これからマカオ観光から帰ってくる同僚や上司たちに恵みの証しをしたいと思います。

クリックよろしく!→にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
香港はChristianが増えてるそうです♬♩♫♪☻(●´∀`●)☺♪♫♩♬
確か『Jesus Lifehouse Church』も開拓伝道やってて,多くの若い兄弟姉妹が与えられてるそうです香港の為にも祈ってます.:♪*:・'(*⌒―⌒*)))
仲野 碧
URL
2010/01/24 22:15
>碧ちゃん
教会はわりと目に付きます。
やはりイギリス植民地の影響でしょう。でも深いキリスト教事情までは勉強不足でよくわかりません。
たま
2010/01/26 17:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
香港での礼拝 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる