Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 2010年のことばは「愛染め」

<<   作成日時 : 2010/01/04 21:27   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

 年が明け、元旦は礼拝に行きました。
 賛美と聖書のメッセージで励まされ、その足で東松山の実家に戻り3世代での久々の団らん。実家のネコと我が家のワン公・グレイスもそろって、大家族になった幸いな一夜でした。

画像


 翌日は映画好きな父の一言で全員で「アバター」を見ることに。話題作のようですが、個人的には絶対見に行かないタイプの映画。実話のような心揺さぶられるようなストーリーが好きなんですよね・・・。でも全員で映画なんて1年に一度だし、来年も全員揃うかどうかなど保証はないですから素直に従います。

画像


 破天荒なストリーですが映像の迫力と、地球から遠く離れた惑星パンドラに住む先住民・ナヴィと元海兵隊員ジェイクとの交流と気持の移り変わりなどはさすがと思わせる出来でした。
 偶像礼拝的なシーンには「う〜ん」でしたけど。娯楽作品と割り切っちゃえば楽しめるのかな。

 そして3日は今年最初の日曜日。
 朝のバイブルスタディーではウエストミンスター小教理問答の11、「神の摂理の御業とは何か?」を学びました。
 その答えは、「神が最も清く、賢く、力強く、すべての被造物とそのあらゆる動きを保ち、治めておられることです。」
 聖書をひとつずつひも解き、検証していくに従って感嘆と感動が心に広がりました。特に「すべての被造物とそのあらゆる動きを保ち、治めておられる」というところ。
 
 ウチには犬・ウサギ・カメがいるんですが、彼らの世話をしていると感じることは、その体の造りの美しさと精密さ。特に犬は飼い主の声や指示に従って行動もするし、感情も豊かです。
 動物たちでさえ緻密な摂理の中に生かされていることに すっげー って思ってしまいます。

 雑草や小動物や微生物に至るまで完璧なプログラムの中で保たれている事実。

 人間はすべての被造物のかしらとして神の形に似せて造られ、神の息を吹き込まれて神とコミュニケーションを取れる唯一の霊的存在として生かされている。このことに大感動じゃありませんか


 その後10:30からの礼拝は佐布先生の聖歌480番・輝く日を仰ぐ時 How Great Thou Art のソロからスタート。
 先生はこの数年、年を重ねるごとに「天の御国に住む希望」に満たされ、パワーアップしてますそれを見て私たちも力と希望が湧いてきます

画像


 2010年に教会の聖句として示されたのがエペソ人への手紙4:16(写真上)です。
 また、キリストを基として、全身はすべての節々の助けにより、しっかりと組み合わされ結び合わされ、それぞれの部分は分に応じて働き、からだを成長させ、愛のうちに育てられていくのである。

 これこそ教会の健全な形。
 すべての基礎はイエス・キリスト。その愛による救いの御業によって死ぬべき者から生きる者とされたクリスチャンが、それぞれの賜物に応じて働き、キリストの愛をお互いに注ぎ合いながら助け合い成長していく。
 
 昨年最後の役員会の時に牧師はこの御言葉を私たちに示しながら

「2010年は愛染めでいこう

 教会員同士も、また新しく教会に来られた人に対しても、キリストの愛で染め上げようじゃないか。

 さっそく明日はICGCのスタート。そして9日の土曜日には池ゴスのスタート。愛染めで行きたいと思います


クリックしてみてもらえますか?にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
2010年のことばは「愛染め」 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる