Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 新宿と池袋に黒人教会が!!

<<   作成日時 : 2009/12/11 23:21   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 5

Oh Happy Day 初代リードシンガー ドロシー・モリソンと歌おう!」について
 
 いよいよ明日から東京公演です
 すでに終了した岩国・大阪・京都・名古屋のライブはまるで黒人教会そのものだったとか

 主催者のHさんから興奮気味のメールをいただいきました。
 コンサートのプログラムですが、聖霊に導かれるままといったところで、京都、大阪と本当に大盛況でした。黒人教会のノリでメッセージと賛美が一体となり、会場もかなりの熱気でした 

 これを読んで血がうずいちゃいました

 また同行しているお兄さんで牧師のWilliam Combs(ウィリアム・コムズ) 師がすごいらしいのです。椅子に立ち上がってシャウトしつつ神をほめたたえている写真を見ましたが、それは完全に黒人教会。

 ゴス友のTakeちゃんの告知日記をコピペさせてもらいます。
■■■ DOROTHY MORRISON(ドロシー・モリソン)紹介 ■■■
 テキサス州ロングビュー出身。5月8日10人兄弟の7番目として生まれ、幼少時よりタレント性に恵まれていた。13歳より本格的に歌いだし、当時兄弟で結成していた「The Combs’ Family」というグループでファーストシングル「I Am Free」をリリース。教会イベントでの兄弟との共演が増す中でドロシーの名はサンフランシスコとオークランド周辺に知れ渡るようになる。彼女はEdwin Hawkins Singersに入り、グラミー賞を取ったあの「Oh Happy Day」のリードシンガーとして一躍時の人となる。

 彼女はEdwin Hawkins, Van Morrison, Boz Scaggs, Bonnie Delaney(Delaney & Friends) 等と共演し、「The Carol Burnett Show」「The Tonight Show with Johnny Carson」「Soul Train and Dance Party」といったヒット番組にも出演する。また、彼女の歌は海外の多くの人々をも魅了し、アメリカ国内だけでなく、フランス、ドイツ、日本、イタリア等でもその活動を広げる。

 カリフォルニア州オークランドではシティースクエアでオークランド市長のために歌い、2002年には「The Key to the City of Oakland」として名誉ある賞を受ける。毎年行われるオークランド・ジャック・ロンドン・スクエアでのクリスマスツリー点灯式やその他のベイエリアでの数々のイベントで賛美している。

 2002年にはヨーロッパツアーを行い、ツアー途中のイタリアで「Oh Happy Day」の再レコーディングをする。このCDにはイタリアの賛美歌とアメリカのスピリッチュアルが入っており、2003年にリリースされた。

■■■ バンド紹介 ■■■

【TOM 兼松(ギター) 】
 1985年、バークリー音楽大卒。ギタリスト、ジョー・コーンに師事する。
 クリスチャンでもあり、教会やミッション・スクールで長年バンド活動をする。
 ジャズ畑の外にも、スティーヴ・フォックス、アレックス・イーズリー等、幅広く共演経験をする。ジャズ・ヴァイオリニスト山下兼生とユニット「アート・オブ・ストリングス」を結成。
 1999年10月「THANKSGIVING」を発表。この作品にはゲストにマルタ(as)や大坂昌彦(D)も参加し話題を集める。
 2000年にはアート・オブ・ストリングスとしてNY公演を行う。

【下久保昌紀(ドラム) 】
 16歳からドラムを始め、19才で渡米。
 ジェフ・ポーカロに師事。世界各国のミュージシャンとセッションを重ね、帰国後都内を中心にメジャー・インディーズ問わずアーティストのライブサポートやレコーディングで活動中。
 またCMソングなど様々なスタジオワークもこなす。

【DAREK JACKSON(ベース) 】
 土岐英史、山岸潤史、続木徹という日本ジャズ界最高のテクニシャンによって結成されたチキンシャックのオリジナルメンバー。
 世界のトップアーティストとの共演も数多いベーシスト兼プロデューサー。
 アル・ジャロウのワールドツアーやケニー・ロギンスのレコーディングに参加の他、マイケル・マクドナルド、レイ・パーカーJr、ジャズ・クルセイダーズ、デヴィット・サンホーン、WAR、チャック・ベリー、ジミー・スミス、タニア・マリア等、錚々たる方々との共演も多い。
 すごいベーシストであることは言うまでもないが、素晴らしいソングライターでもある。

【吉弘 知鶴子(ピアノ) 】
 日本において最もリアル・ブラックな感覚を振り撒くピアノ/ キーボード奏者。
 日本人でありながら、また女性でありながら、R&B/ ソウル、ゴスペル、ブルース、ジャズ……とブラック・ミュージック全般を見事に弾きこなす実力は、他に類を見ない。
 アメリカ南部のルーツに根差したヴァイタリティー溢れるファンキーで艶やかな日本人離れした演奏は、アメリカ国内において高い評価を獲得し、2009年1月19日、キング牧師が生まれ育った米国南部ジョージア州アトランタで行われた、M・L・キング牧師センター主催による記念礼拝でゲストミュージシャンとして招待され、日本人として初めて独奏した。
 
■■■ その他 出演者紹介 ■■■

【黒澤まりさ】 [Choir Director/Singer]
 スペインで生まれ育ち1983年日本人の母と共に帰国。
 1995年、交通事故が原因で長年続けていたダンス、ミュージカルへの道を諦める。1996年、友達の誘いでゴスペルと出会う。
 同年、相模原基地内開催のGospel Music Workshopをきっかけにゴスペルの持つ力強いメッセージ、パワーと感動に圧倒され、ゴスペル人生を歩み始めると共に、シンガーに転向。
 直後Tokyo Voices Of Praiseに参加し、2000年にはクワイアディレクターをはじめ、さらに活動の場を広げていく。
 2002年にアメリカ オークランド開催のEdwin Hawkins (Oh Happy Day! 作者) 、Walter Hawkins主催のカンファレンス初参加。Shout Worthyのソリストとして選ばれ、アメリカのクワイアで初の日本人ソリストとなる。
 Meg & Piano Koji、Kaz Kato、藤波慎也などのレコーディングに参加し、 Butch Heyward、Gary Hines(Sounds Of Blacknessリーダー)のワークショップを開催するなど多くの企画を制作。
 現在も複数クワイアディレクター、シンガーとして活躍中。

【SHALOM SEEDS】 (Shalom GospelとSeeds Of God's Loveによる合同クワイア)
 黒澤まりさがディレクターされている、「神の愛の種のクワイア」という名の通り、ゴスペルを通して「愛」に触れる小さなきっかけを届けたいSEEDS OF GOD'S LOVE(シーズ・オブ・ガッズ・ラヴ)と
 ゴスペルを通して「平安なる福音」を場所選ばずに、求められるところに出向いて行きたいと願いつつ活動している SHALOM GOSPELによる合同クワイア。

【塩谷美和】 [Choir Director/Singer]
 カナダ・トロントに在留中に地元のジャズバンドでヴォーカル活動開始。 
 帰国後、ゴスペル音楽と出会い、1999年に米軍横田基地内で行われたGospel Music Workshopをきっかけに、ゴスペルシンガーに転向。
 以後、ブラックゴスペル音楽を教えるようになる。横田米軍基地内の黒人教会でクワイアディレクター、ミニスターを務め、他にも各地教会のクワイア指導やワークショップ、コンサート、レコーディング、海外宣教活動などを行う。2008年、ゴスペルシンガー塩谷達也と結婚。
 現在、日本アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団、中央福音教会教会員。

【池ゴス・シンガーズ】
  池袋ゴスペル(通称池ゴス)という毎月の第一土曜日行われているワークショップで誕生したシンガーズ。

【池袋センターゴスペルクワイヤー(ICGC)】
 池袋センターゴスペルクワイヤー(ICGC)は、2003年2月に結成されたブラックゴスペルクワイヤー。
 池袋東口の中央福音教会を拠点に活動。
 神様・イエスキリストに献げる賛美歌である「ゴスペル」を、クリスチャンも、クリスチャンではない人も熱く楽しく賛美している。


画像
 
■12日@新宿シャローム教会

[公演日] 2009.12月12日(土) 17:30開場 18:00開演
[ 会 場 ] 新宿シャローム教会(JR新宿駅 西口より徒歩6分)
      新宿区西新宿7-9-7ニッカビルB1
      http://www.shinjuku-shalom.org/
[共通入場料] 1公演 一般 ¥2000 小学生 ¥1000 幼児無料(当日受付にてお支払いください)
[ 出 演 ] DOROTHY MORRISON
     黒澤まりさ
     SHALOM SEEDS(Shalom GospelとSeeds Of God's Loveによる合同クワイア)

[お問合せ] shalom.gosministry96(at)gmail.com((at)を@に変えてください)
      TEL:03-3363-6493(教会)≪火〜金 14:00以降≫

画像


■13日@中央福音教会(池袋)

[公演日] 2009.12月13日(日) 17:00開場 17:30開演
[ 会 場 ] 中央福音教会(JR池袋駅 東口より徒歩7分)
      東京都豊島区東池袋3−15−9
      http://homepage2.nifty.com/gospel_center/Top.html
[共通入場料] 1公演 一般 ¥2000 小学生 ¥1000 幼児無料(当日受付にてお支払いください)
[ 出 演 ] DOROTHY MORRISON
     塩谷美和
     池ゴス・シンガーズ、池袋センターゴスペルクワイヤー(ICGC)
[お問合せ] お問い合わせ:tamak(at)myad.jp≪玉山≫((at)を@に変えてください)
       Tel 03-3971-4774(教会)

 さらに13日の中央福音教会でのライブの前には、定例のゴスペル礼拝「ゴスペル&メッセージ」で、William Combs(ウィリアム・コムズ) 師がメッセージをしてくださいます
 礼拝ですから自由献金がある以外は無料ですし、おなじみのゴスペルをガンガン賛美しますので、時間が合う方は14時に中央福音教会においで下さい

よろしかったら1日1クリックお願いします
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
まりさ姉妹ですね―(*´◕ฺ∀◕ฺ从◕ฺ∀◕ฺ`*)―
ひょっとして『新宿シャローム教会』のまりさ姉妹でしょうかぁ~~~Midoriも,まりさ姉妹の賛美を聞きたいです
仲野 碧
URL
2009/12/11 23:31
>碧ちゃん
まりさ(まりりん)とはいろいろ協力してミニストリーに携わってます。
東京に来る機会があればシャローム教会に行ってみたらいいよ。
たま
2009/12/12 13:43
明日体力的に余力があれば伺いたいと思ってます。
本当は礼拝も出たかったんですが、生憎先約があるので。
Yoko
2009/12/12 23:00
お疲れ様でした。
楽しかったです。
何かテナー男性3人すごく楽しそうでしたよ。
特に後ろにいたおじ様。
Yoko
2009/12/13 22:54
>Yokoさん
今日は来てくれて有難う
確かに賛美の喜び大爆発でした
でもそれ以上にドロシーとパスター・ビルの賛美は言葉に尽くせないほどの素晴らしさでしたね
人をそこまでにしてしまう神のすごさをあがめずにはいられません
たま
2009/12/14 00:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
新宿と池袋に黒人教会が!! Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる