Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ゴスペルコンサートin新中野

<<   作成日時 : 2008/12/18 00:58   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 2

 前日の合同クリスマスコンサートの余韻も覚めやらぬ翌14日。
 第2日曜日なので、午後は「ゴスペル&メッセージ」。ICGCメンバーも出席してもらい2曲賛美しました。
 それは17時からスタートする、 新中野キリスト教会でのコンサートを踏まえてのものでした。
 礼拝の終了後すぐにぞろぞろと電車移動し、新中野キリスト教会に着いたのは開場後の16:30過ぎでした。

 17時から始まったコンサートは、最初に牧師の藤井敬朗先生が挨拶をされた以外はICGCにすべてまる投げというイベント 他にゲストなし、メッセージもなし。ICGC責任重大
 新中野教会、実に勇気ある決断です

 というのも、ICGCのメンバーに今年の春からなってくれたアキさん(50代男性)が新中野教会の役員さんで、半年のICGCでの体験の中から「ICGCは伝道コンサートにふさわしい」と判断してくださったからなんです。

画像


 教会は中央福音教会よりこじんまりしていて、前日のフルバンドで40数名のマスクワイヤーでやったライブとは一転、義宣社長のピアノ1本、メンバー17人の構成。
 しかしほぼ教会が満杯になる80名あまりのお客様が駆けつけてくださいました ちょっとだけですが、ライブの雰囲気はこんな感じ



 途中、今回のコンサート実現のきっかけを作ってくれたアキさんの証し(体験談)がはさまれました。
 それはどのように彼が教会に来るようになったのか、という話でした。

 今から二十ン年前、付き合っていた彼女から美しいカードをプレゼントされたそうです。そのカードには
主イエスを信じなさい。そうしたら、あなたも、あなたの家族も救われます。 (使徒行伝16:31)

 という聖書の言葉が書かれていました。
 宗教に何の興味もなかったアキさんですが、彼女が「クリスチャンじゃないと結婚しない」というものですから、彼女を失いたくない一心で教会についていったのが最初なんですって

画像


 初めて行った教会では、みんなが喜びにあふれて賛美を歌っていて、それが心に残ったという彼は教会に通いだしました。
 難しいことはよくわからなかったんですが、先輩クリスチャンの方に、

「単純に信じてごらん。」

 そう言われた時に、彼は「そうだ、信じてみよう。」なぜかそう思えたそうです。

「この不景気で、年収がまず2割下がりました。そしてここに来てまた下がりました。でも感謝です。ちゃんと生活していけるんですから
 神様はいつもともにいてくださるんですよねぇ。それが日々実感としてわかるんです。」


 彼女目当てに行った教会。子供のように信じた純粋な信仰。

 何か特別大きな出来事があったわけじゃなく、人が誰かと出会い恋に落ちて成長していくという、ありふれた日常の延長線上で出会った神様。その2つの出会いが彼の人生を変え、朽ちない喜びを手に入れることが出来たんですからこんなすごいことはありません
 アキさんを導いた彼女は当然今のベターハーフであることは言うまでもありません

 アキさんのあったかい人柄がにじみ出る証しのあともコンサートは続き、会場の皆さんと一緒に歌えるクリスマスキャロル・「きよしこの夜」「もろびとこぞりて」などを織り交ぜながら盛り上がっていきました。

画像
画像


 昨日ICGCのリハがあって、その時にアキさんがこのコンサートのアンケートを集約したものを持ってきてくれました。するとそこには
☆皆さんの歌声が素晴らしかったです。普段忘れてしまう大切な何かが気づかされた感じがしました。(20〜30代女性)

☆神様を称える賛美に元気をいただきました。(40〜50代女性)

☆皆と一緒に声を出し歌い、楽しいひと時でした。ありがとうございました。(60〜70代男性)

☆とても楽しかった。初めてゴスペルを聴いた。本当に神様を賛美していると実感。(60〜70代女性)

☆人生初のゴスペルコンサートでした。知らない曲が多かったけれども、皆さんがとても楽しそうに歌っているのが印象的で、自分も楽しくゴスペルを楽しめました。(20〜30代男性)

 といった感想が書かれていて、驚くやら励まされるやら・・・ 社交辞令は当然混じっていると思いますが、ゴスペルの本質がそこに現れている気がしました。

 ICGCは上手くないです。でもみんなが内容をわかろうとして、そして喜んで賛美しているクワイヤーだと思います。加えて、多くの方々の祈りで支えられているクワイヤーです。
 だから神様がICGCの賛美を受け取って、喜んでくださっているんだと思うんです。それは賛美を捧げているメンバーひとりひとりはもちろん、聞いて下さる方がたにも伝播していく。

画像


 ちなみに今回のコンサートには、教会外から約50名も来られたそうです 

「何年も誘い続けていても決して教会に来なかった、教会の向かいのご家族が今日初めて来てくれたんですよ

 藤井牧師が感激の面持ちで話してくださいました。

画像

 
 からだはどっぷり疲れていましたが、神様のなさることに胸が震えました。


クリックして恵みを分かち合いましょう にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ

*ライブ中の写真は、ゴス友・おりょうちゃんが撮ってくれました。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
教会でゴスペル・コンサートがありました♪
「父と暮らせば」を観劇した足でゴスペル・コンサートに駆けつけました。会場は新中野キリスト教会です。出演はICGCみなさんです♪       ポスターはこちらです。(^^;       ICGCは池袋・センター・ゴスペル・クワイアのことですが、活動拠点である... ...続きを見る
ゴスペルな日々(GoodNewsBadT...
2008/12/19 23:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
Tamaさん
当日は有難う御座いました。
私もかなり前のほうで没頭して聴かせて戴きました。
個人的には後半の盛り上がりはナチュラルで、心が弾けましたよ〜〜〜♪

これからも宜しくお願いします。


まだ日記にアップできてませんのでごめんなさい。
近々取り掛かるつもりです。
ロン@ゴスペル
2008/12/18 17:13
>ロン@ゴスペルさん
念願の新中野での賛美が実現して、心から主に感謝です
もしみこころならばまたぜひ声をかけて下さいね
たま
2008/12/19 00:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ゴスペルコンサートin新中野 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる