Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS Music & Arts Japan 2008開催!!

<<   作成日時 : 2008/07/23 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 ゴスペルが好きなら誰でもが知っている名曲「Oh Happy Day」の作者・Edwin Hawkins.
 彼は現代ブラックゴスペルの父とも呼ばれるビッグアーティストです。
 この秋、なんと彼とそのゴスペルファミリー総勢約60人以上が来日
 それもただの来日じゃなく、5日間にわたって日本のゴスペラー達のために、ゴスペルのすべてをさまざまな方法で伝えてくれるのです

画像

                 (Edwin & Walter そろい踏み!)

画像

        (先月サクラメントで開催された際のポスター)
1969年の「Oh Happy Day」の大ヒットの後、エドウィン・ホーキンスは世界中をツアーする中で、芸術としてのゴスペル・ミュージックに必要な情報が欠落している事に気付き、若いゴスペル・アーティスト達への学びの場として、1979年にサンフランシスコで最初の「Edwin Hawkins Music & Arts Seminar」を開催した。

以降、ほぼ毎年開催されたカンファレンスからは、『Angel Will Be Singing(1984年)』『Give Us Peace(1987年)』といった大ヒット・アルバムが生まれ、ジョン・P・キー、ヨランダ・アダムス、リチャード・スモールウッド、ダリル・コーリーと言ったアーティスト達が巣立って行った。

また、エドウィンの実弟、ウォルター・ホーキンスは、1988年から「Love Fellowship Conference」を開催。これは教派を超えたクリスチャンが互いに支え友好を深める場として、又、聖霊と学びの機会として設けられたものであったが、「ゴスペル音楽を学ぶ事は、ただ単に技術的な芸を磨く事だけでは十分ではなく、同時に、聖書や聖霊についてのスピリチュアルな学びも不可欠である」という結論から、1994年よりこのふたつのカンファレンスが共同で開催される運びとなり、現在の「Music & Arts Love Fellowship Conference」へと至っている。 Music & Arts Love Japan 2008公式ウェブサイトより)

 全米でも最も影響力のあるこのゴスペルカンファレンスがそのまま日本に来ちゃうってことです

その名も Music & Arts Japan 2008

 東京・江古田の聖書キリスト教会を会場に、日程は9月19日(金)〜23日(祝)で、22日まではマスクワイヤー(合同聖歌隊)のリハや各種セミナー、ゴスペル礼拝などが行われ、これらに参加するには申込みが必要です。セミナーの内容は・・・
リチャード・スモールウッド Music Ministry: 
  Richard Smallwood ゴスペルアーティストとしての歩み、作曲について

ドナルド・ローレンス Music Ministry:  
  Donald Lawrence ゴスペル・アーティストとしての歩み、その他質疑応答など

バイブル Bible Study for Gospel Music;   
  Pastor Calvin Rhone ゴスペルを歌うのに必要な聖書の理解

ダンス Sacred Dance:  
  Jennifer Fields ゴスペルダンス

ミニスター Minister:  
  Walter Hawkins 牧師、伝道師、クワイアディレクター、リーダー対象

ミュージシャンズ・ワークショップ(※) Musicians' Workshop:
  Joel Smith(Dr.), Jerry Jordan(bass), Larry Johnson(Piano) ドラム、ベース、
  ピアノの指導、バンドアンサンブル

ヴォーカル Vocal Techniques:  
  Lynette Hawkins Stephens ヴォイストレーニング

プレイズ&ワーシップ Praise&Worship:
  MaryCatherine Cross プレイズ&ワーシップの理解と実践

 申込みは こちらをクリックして行ってください。ただし、すでに申込みが殺到していてこれから申込みをしようとする方はダメもとでトライ!かもしれません
画像
              (Love Center Choir)
 
 でもセミナーだけがMusic & Arts Japan 2008 ではないんです。9月23日のコンサートを絶対体験してほしい
 だって、そうそうたる伝説的なゴスペルアーティスト総出演 カリフォルニア州オークランドの地元クワイヤー50名に今回のワークショップクワイヤーを加え総勢350人のマスクワイヤー こんな規模のゴスペルを生で聞けるチャンスはそうそうありませんよ
Music & Arts Japan 2008 コンサート
9月23日(祝火) 14:30開場 15:00開演
ウェルシティ東京(東京厚生年金会館)大ホール
東京都新宿区新宿5−3−1
http://www.kjp.or.jp/hp_20/access/

前売り¥3,000 当日¥3,500
チケット発売:全国ローソン、プレイガイドにて7月14日より発売開始!
ローソンチケット【Lコード:78820】TEL.0570-084-003

 
画像
     (すっごい目力でディレクトするドナルド・ローレンス!)

また、一足早くMusic & Arts Japan 2008 の空気を味わってみたい方や、本番の日程はどうしても都合がつかないという方にも朗報。
 リレーフェローシップを8月より順次開催していきます!!
 そこでは9月23日コンサート会場で歌う曲の練習やゲストクワイアによるコンサートが行われます。どなたでも参加できますよ!(参加費全て 500円)
★第一弾 8月16日(土)
5:00P.M.〜7:00P.M.
久遠キリスト教会(阿佐ヶ谷) アクセス

★第二弾 8月20日(水)
7:00P.M.〜8:30P.M.
多摩市民館(向ヶ丘遊園)アクセス

★第三弾 9月1日(月)
7:00P.M.〜9:00P.M.
亀有教会(亀有) アクセス

★第四弾 9月6日(土)
3:00P.M.〜5:00P.M.
中央福音教会(池袋)アクセス

★第五弾 9月13日(土)
11:00A.M.〜1:00P.M.
聖書キリスト教会(江古田)アクセス

画像
                 (とても気さくで優しいリチャスモ) 

 いまだかつて日本でこんなに大規模で中身も充実したゴスペルイベントを私は知りません
 たとえば、ヤマハさんや宮地楽器さんといったカルチャースクールでゴスペルを一生懸命歌っていらっしゃる方々。とても活発にやっておられるし、楽しんでおられると思うんですが、アメリカのブラックチャーチで歌われている本場のゴスペルをぜひ体験してみてください あなたのゴスペル観は間違いなく開かれ、ゴスペルを歌うことがもっともっと楽しくなるし、楽しさの向こう側にある「何か」を感じることができるはずです

 さあ Music & Arts Japan 2008 へ動き出せ

ワンクリックで福音を広げましょう!
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村 音楽ブログ ゴスペルへ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
MAJ2008 リレーフェローシップとコンサート
 7月23日のブログでお知らせしたとおり、日本を揺るがすゴスペルカンファレンス Music & Arts Japan 2008   が9月に開催されます。来日するメンバーやその内容の素晴らしさについては、ぜひ公式ホームページとブログをお読みください{%ウサギお願いhdeco%} ...続きを見る
Tama’s ゴスペラー日記
2008/07/28 21:38

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Music & Arts Japan 2008開催!! Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる