Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ありがとう TPW

<<   作成日時 : 2008/07/20 00:48   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

 当日まで何人がどんな経路で何時頃到着するのか。二転三転しつつも慣れてしまって、必ず最善に導かれることを確信できるようになったこと。
 アフリカンアメリカンとお付き合いを重ねるうちに、自分の信仰も大らかにされちょっとやそっとのことじゃ揺るがなくされていることが本当に感謝です 皮肉じゃなくて本心からですよ。

 Japan Fire3に先立って7月16日に行われたTPWの中央福音教会でのコンサートを準備する中でも、私の心には一貫して平安がありました。
 結局リーダーのアンドレ牧師をはじめとした数人は名古屋から国内線で成田に来て、当日アラバマから来日する数人と合流して池袋に来ることになりましたが、来日する便も2便に分かれていました。しかも19:30からライブ開始なのに一番遅い到着便は16:20着 こりゃかなりきついタイムスケジュールですよ。
 成田からはジャンボタクシーで池袋へ向かうグループ、成田エクスプレスで向かうグループ。でも2人は乗り遅れてもう1本後の列車に乗ったと言います。要するに3つに分かれての池袋入りになったということです。

 でもね。神様は真実なお方。

 15分遅れでちゃんと(?)開演できてしまいました

画像
                 (またビッグになった?アンドレ)

画像

 コンサートでは、お馴染みの Psalm34Fire といった彼らのオリジナルに加えて、Oh Happy day も賛美してくれるサービス振り。
 Psalm34のMCでは、アンドレが自らの証しをしてくれました。
 コンピューター関係で年収1000万円ほど稼ぐ仕事を持っていながら、福音を述べ伝えるためにそれを辞めてミニストリーを開始したとほぼ同時にお母さんが天に召されてしまい、年収も150万円に激減しました。
 その時神様が聖霊を通して

 それでもあなたは私を賛美できるか?

 アンドレに語りかけてきたそうです。彼は悩み苦しむ中で聖書を手に取り、与えられた箇所が詩篇34篇(Psalm34)。
わたしは常に主をほめまつる。
その賛美はわたしの口に絶えない。

 確かにJESUSを信じる者には永遠の命が与えられますから、試練の中にあっても賛美をすることが出来る、と彼は言うのです。
 まさにこれがクリスチャンの希望であり信仰なんですよね。実体験だけにその言葉には重みがあります。

画像

 
 今回のライブで初の試みだったのはゴスペルマイムが組み込まれたことですね。
 先日の池ゴスで、日本チームの仲間たちがゴスペルマイム披露してくれましたけど、やはり本場のマイマーはすさまじい表現力で見るものの目を釘付けにしてしまいます 

画像
画像


 ライブの終了間際では恒例のインビテーションタイム。

「イエス・キリストはあなたを招いておられるよ。彼を信じようと思う人はいないかい?」

 アンドレの重みのある英語の招きを通訳のヒロさんが暖かく包み込むような声で訳します。

「そう思う人は手をあげてみて欲しいんだ。」

 感謝すべきことに約10人くらいの人が手をあげたようです

「今手をあげたきみ。前に出てきてくれないか。一緒に祈りたいんだ。」

 日本人は人の目を気にしてしまう民族だから、そう言われてしまうとなかなか前に出られないものですが、何と3人の人が前に進み出てきました。

 ハレルヤ!!!!!!!!!!! 

 そのうちの2人は我がICGCのメンバー 2人ともいつものリハや集会ですでに神様の御手で触れられ、求めているのはわかっていたので、そこに大きな驚きはありませんでしたが、喜びと感動は言いようのないものでした
 「人が本来居るべき場所に戻る」 それが救いなんだとウチの教会の佐布牧師はおっしゃっていますが、まさにこの2人が神様の懐に戻された瞬間の目撃者とさせていただいた感激は、何度味わっても感涙がとめられません

画像


画像


今日も1クリックのご協力を。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
礼拝
 昨日の朝の礼拝に(10:30〜)Tちゃんが初めて最初から出席してくれました。  歌うことが大好きな彼女は1月の池ゴスで初めて教会に足を踏み入れ、やがてICGCにも参加するようになり、7月のTPWコンサートでJESUSを信じ受け入れました。  彼女は子供の頃から様々な心の傷を負ってきていて、また持病の喘息などもあって、心身両面で苦しみながら生きてきた女性。  しかし、初めてゴスペルを歌った時に、カラオケや合唱では感じることが出来なかった温かさ、心を優しく包んでくれるような感動を味わい... ...続きを見る
Tama’s ゴスペラー日記
2008/08/25 12:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
マイム、見たかったな〜。
NOG師匠がJF3の撮影に上京しています。
たまさんの歌ってるシーン、写ってたらいいなあ〜。
東京のマイムチームによろしくね。
大阪チームも明日すばらしい賛美を披露してきます。
Honey
2008/07/20 07:59
>Honey
マイムは一人だったにもかかわらずすごい迫力だったよ!!今日のダンスコンサートはきっとやばいんじゃないかな〜
ちなみに私はJF3のマスクワイヤーには入ってないんですよ。客席で賛美させてもらう予定。
たま
2008/07/20 18:04
初めてみたマイムの表現手法は衝撃的でした。賛美の方法もさまざまお与えになる恵みはすばらしい!声は枯れましたが、心は聖霊で満たされました。
hagi
2008/07/22 12:00
>hagiさん
ゴスペルマイムは日本人の常識を完全に超えた賛美の手法ですよね!
あらゆる手段で主を賛美することを神様は求めておられるし、賛美する側は聖霊で満たされますね(^^)
たま
2008/07/23 00:43

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ありがとう TPW Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる