Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 札幌の新入社員と

<<   作成日時 : 2008/07/13 01:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

 今日はゴスペラー日記の番外編。
 札幌出張の2日目、会議を終えてのホテルは、初日とはうって変わって4月にオープンしたばかりの「ホテルトリニティー札幌」に宿泊でした。
 大通公園に面した一等地に出来た、イタリアンな雰囲気漂う吹き抜けのロビーに、近代美術館のようなおしゃれでスタイリッシュなたたずまいで、オジサングループが泊まるのはいささか場違いな感じがするほどでした
画像

 でも最上階にはSPA(間違っても「大浴場」とは言わない・・・)もあって、オジサンにも優しい。そして1Fに併設されているイタリアンレストランの朝食が良かったですね。ビュッフェ形式でパスタやペンネに加えて和食もしっかり。しかもデニッシュ類がすっごく美味い
 札幌に泊まる際には、前述の「スパサウナ&ホテル ニコーリフレ」と対極のコンセプトでこちらもお勧めです
 ちなみにホテル名の「トリニティー」とはキリスト教の「三位一体」のこと。なぜそれがセレクトされたのかわかりませんが、クリスチャンとしては、父と子と聖霊なる神様に守られて宿泊してるって感じがして嬉しかったりします

 さて月曜日は札幌支店に出向き、この4月に2名入った新入社員とじっくりお話。7月から試雇社員から正社員になると同時に労組の組合員となったための研修であります。
 賃金制度、評価制度、休日休暇のこと、労働時間について、社内ルールについてなどの多岐にわたる項目を説明し、労組の活動とその意味などをじっくりと語ってきました。

画像

 
 その後は近くのレストランでランチを一緒にして、仕事上の悩みなどに耳を傾けました。前向きで初々しい悩みに答えているうちに、私の心もリフレッシュされていくから不思議です。
 ありきたりですが、初心を忘れずに物事に取り組むこと。それをあらためて思わせてくれた貴重な時間でありました。

 そういえば、

「玉山さんはゴスペルされてるんですよね?」

 新人の女の子の方から唐突に聞かれました。
 えっ?何で知ってんだろう 一瞬そう思ってから、彼女たちの入社時研修の時、保険事業部の説明を私が担当してゴスペルの話をしたことを思い出しました。 
 
 仕事は一生懸命やるのは当たり前だけど、自分が楽しめる何かを仕事以外に持ってなきゃダメだよ。それを持てば、それをする日はメリハリがついて仕事の効率が上がって早く帰れるんだから。
 私はゴスペルを教会で歌ってるから、平日でも残業はしないでとっとと仕事片付けて帰ってます

「私はスケッチが趣味なので、それを聞いて仕事中でもスケッチ帳を持って、ちょっとした時間に風景書いたりして気分転換するようにしてますよ。まだなかなか要領よく帰れないですけど・・・。」

 うんうん。なるほど。それも大事なことだよね。

「私もいつかゴスペル聞いてみたいです。」

 やはり語るべき。伝えるべきですね。仕事の場であっても。


クリスチャンの日記も面白いよ
にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へブログランキング・にほんブログ村へ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
確かうちの会社のツアーも、トリニティー、札幌だったか忘れたけど使ってます。
「トリニティー?」って思ったの覚えてます。
Honey
2008/07/13 19:55
>Honey
いつもマメに記事チェックしてくれて感謝です!!
うん。お宅の会社のパッケージに入ってますよ。実際この日御社のメンバーも会議で一緒で、御社パッケージを利用して泊まってたみたい。
たま
2008/07/14 00:10

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
札幌の新入社員と Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる