Tama’s ゴスペラー日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 台湾添乗 賛美のない日々

<<   作成日時 : 2007/12/17 01:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 5日間の台湾添乗から帰ってきました。
 台北2泊・高雄2泊。それぞれゴルフが1日ずつで、その他はいかに高級ホテルに泊まり、高級な料理を食べ、ナイトライフを満喫するかという社長さんばかりの超VIPツアーでした。

「金なんか気にしなくていいから、とにかく最高級なものを提供しなさい!」

 それが常にキーワード。飛行機はCクラス、ホテルはその街のbPのスイートルームをシングルユースするのは最低条件です。
 ツアー自体も、お客さんに満足していただくためにその場その場で臨機応変に判断しアレンジしていくという、添乗員としては最も高度な種類の仕事です。パッケージツアーではなく、オーダーメイドの旅行ですから、立ち寄る店の雰囲気や料理の出し方・盛り付け・味付けなどでお客さんがどんな顔をされるかまさに一喜一憂です。
 ホッとできるのはお客さんがゴルフをしている間だけ。この時だけは何も考えず爆睡してました〜

 それでも添乗の合間に撮ったショットを何枚か紹介しましょう。

画像

 これは台北で泊まったリージェントホテルの吹き抜けにそびえていた巨大クリスマスツリー。かなり立派で美しいツリーでした。
 全般的に台湾のホテルやデパート・ショップでは日本以上にクリスマスを商業的に利用しているような気がしました。免税店の店員がいきなりトナカイの角を付け、サンタ服で接客しているし、サンタ帽をかぶっているホテルマン、デパガばっかりでしたね。

画像

 これは世界一高いビル「台北101」(509m)前のクリスマスツリー。更に下は高雄にある漢神百貨店のクリスマスイルミネーションです。

画像

 クリスマスイルミネーションはともかく、今回は2年ぶりの台湾でしたが、教会の数がずいぶん増えた気がしたんですよね。
 バスや列車の車窓から赤く輝く十字架がかなり数多く目立ちました。でも教会にきらびやかなイルミネーションはありません。そう、JESUSは汚い馬小屋で私たちの罪を背負うために生まれたのですから・・・。
 添乗中、あまりにも人間の刹那的な欲望を満たすために身を粉にして働いていた私には、ただ十字架がそこに輝いているだけでずいぶん慰めを受けました。と同時に、

ああ 礼拝したい 賛美したい

 切実な思いが込み上げてきました。毎晩スナックでカラオケを聞く日々でしたからね・・・ 礼拝も賛美もどんな場所でもどんな時でも出来るはずですが、今回は目の前の行程をいかに粗相なく満足していただけるかで手一杯でした。
 おお、主よ。

 しかし主は素晴らしいですね!細かい失点もありましたが、全体的には質の高い添乗が出来、いい雰囲気でツアーを終えることが出来ました
 さあ、本当のクリスマスに向かって賛美モードで行くぞ

画像
             [絶品の小籠包・鼎泰豊(ディンタイフォン)]

画像
               (ウチの銀行です!?)

画像
              (今年、台北〜高雄間で開通した新幹線)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
台湾添乗 賛美のない日々 Tama’s ゴスペラー日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる